最後の最後こそ

たまには相場の話でもしますか。コレも貴重ですよ。

実体が伴わない米国の緩和バブルも官製相場なアベノミクスも破綻します。
なーんて訳知り顔で言っても、コレ、今や皆知ってて
東芝もヤバくタカタも潰れてますし、米国の小売市場はイマイチ。
いよいよ株価への死刑宣告である金利も上げてます。
そんなコト皆が解ってても、知ってても、なーんでか総楽観な相場は下がりません。

それどころか最後の最後まで、まだまだ走りますよ。
かく言うワタクシも
この前の円高を手仕舞ってからロング一辺倒な強気モード。

日本の株価が何故高いままか?答えは皆がご存知の通り。
年金や日銀などクジラと呼ばれる公的マネーと外人しか買ってないからでして
ダウが未だにガンガン強気モードなんで、円高や原油安なリスクオフ程度で下がっても
それ以上に釣られて高値張り付いてるんですな。
とはいえ、日本の実体経済のヤバさを知ってる個人は売ってるんで上値もイマイチ重いわけです。

ですが、コレ
日経平均23000円とか25000円抜けて走るとかなったらどうします?
売ってる個人のポジは全部投げさせられて、コレは本物だ!と
靴磨きから全員総楽観で買いになった時点で

GAME OVER

まさかと思ってるでしょ?自分はまだダウも含めまだまだ走ると思ってるから
未だロングなままなんですな。

いいですか、日本は僅か3%ですが、米国は50%の国民が株持ってるんですよ。
だから、あのハト派なイエレンFRBですらも
ギリギリの局面まで強気モードで市場や嫌いなトランプをチラ見してるんです。

実体がヤバイのは知ってても、悪材料が出ようがガンガンガン無視。
そんな米国でも危機を察知し売ってる人間すら投げてからが本番。
リーマン危機を察知しショートを仕込んだ人間を描いた
20160306230602.jpg
この映画のジリジリするような展開。まだまだこれからが本番で
ヤバイと察知し売ってる人間すら投げ、買いに転じてからが、
靴磨きも巻き込んで総楽観な最後の暴騰フィナーレ。
そして今度は前回以上に先鋭化してる資本主義は一気にクラッシュ。

コレ、ITバブル崩壊もリーマン前もそうでしたからね。

そして、その粘りが長けりゃ長いほど、実体との乖離。
つまり、リセッションの反動もデカくなるわけで、前もって言っておきますからね。

意外な程、粘りますよ。この政権に相場は
何しろ資本主義の独占的な強欲さは前回の比ではありません。
通常、債務周期サイクルは7〜9年ですが
世界的に需要は無いのに金余りな状況は10年を超え11年のリミットすら有り得ると踏んでます。

そして、その反動は長く延びた分、あのリーマン危機よりもデカくなる可能性もアリ。
今度はポスト資本主義の踏み台にすら成り得るでしょうな。
この国なんかリーマン危機時代に比べ人口という土台すら崩壊してますから

いいですか、今、米国は実体以上に過剰な金余り株バブルが走り
緩和から出口へ行き金利まで上げられて、雇用は完全回復しても
国民は買うもの買えない状況になってるんです。
職はあっても自動車や学資ローンで一杯、一杯ですからね。
その兆候が小売市場に現れてるわけで

もう一度言いますが、米国民の半分が持ってる株までクラッシュしたどうなるか?
当然ながら消費へダイレクトに来るわけで、当然外需頼みなアベノミクスにもダイレクト
クジラなんか吹っ飛ばす個人から外人まで壮大なる逆回転は言わなくても解るでしょう。

そんなわけで、あとはタイミングの問題。

悪足掻き安倍政権があと4年居座り続けて、米国の株バブルがあと2年続き
ITバブル2.0で更に更に史上最高値更新なんて俄に信じられますか?

相場の最後っ屁はいつもそんなもんですよ。
誰もが、奇跡だ!本物だ!と言うのです。

つか、日米の現政権がクラッシュしてもバブルは続く可能性もアリ。
悪材料出尽くしとか言ってね。相場なんていつも自己都合で解釈するもんです。

そうとわかれば、この史上空前な悪足掻きをじっくりと楽しもうじゃありませんか。
史上最高レベルのビッグディールのお零れに預かりながら。

あ、まだこんな事言ってる間はフェイクな波は来ても絶対に本番は来ませんからね。

でも、何時来るか?
それはわかりませんな〜(笑)それを探るのが相場観ってやつですし
だからこそ、資本主義の狂騒は楽しく?逆張りショートは難しいのです。

難しいからこそ儲かるんですがね。