勝算無き軍拡へ無駄な国費使うな!

南西諸島の自衛隊の配備へ反対する理由。
これを合理的に示さず基地反対派が「印象論だけで反対してる」と、
言われてるよーですし、実際、僕のような知的レベルにもわかるようシンプルかつ
合理的に示してないからこうなるんでしょう。
そんな状況は色々と癪に障るんで、この際、印象論抜きに軍拡がこれ以上必要ない
明確な理由を僕のような知的レベルでも解るよう徹底的に示し語っておきます。

まず、大前提として
改憲しようがしまいが、戦略的に
自衛隊は自分から手出しはできません。
それと改憲しようがしまいが、戦略的に
自分から手出しすると自衛隊は100%負けます。

そして、
中国は絶対に自分から手を出しませんし
出す理由も出した歴史もありません。

それと、経済的な危機があろうとなかろうと
日本は中国へ経済的に勝てません。

それらを総合的に踏まえ
日本は中国へ戦略的に勝てません。

以上、上記5つのシンプルな理由により
自衛隊の南西諸島配備は完全に国費の無駄であり
リスクばかり増やして抑止的なメリットが無い害悪でしかないと断言します。

これくらいハッキリ明確に言わないと推進派も理解できませんよ。
それと、こういうのは事前に言わないと意味がありません。

そんなわけで面倒くさいですが、以下にその具体的な理由をわかりやすく示していきます。

th_統合機動防衛力詳細
これが今年改定される自衛隊が5年に1度の防衛大綱で示した
南西諸島シフト。統合機動防衛力と呼ばれる防衛戦略ですが
ご覧の通り点線で囲まれた範囲の我ら南西諸島。
そこが中国の脅威でヤバイから「中国が攻めてくる〜!」と
”平素部隊配置の推進”という名目で
僕ら奄美大島を始めとした南西諸島の駐屯地配備を進めてるわけです。

何度も言いますが、中国は絶対に自分から手は出しませんし攻めてきません。
これは根拠のない妄想でもなんでもなく、実際に侵略するメリットとデメリットを天秤にかけた時
アホな自称保守派や与党や自衛隊以外は誰でも出せる実に実に簡単な結論です。
南西諸島侵攻は軍事的なリスクや国際世論から非難されるリスクに比べ
得られるメリットが圧倒的に少なすぎます。
それだけでも、上記の防衛戦略は完全に破綻してるのですが
まず大前提として、中国は軍も民間も尖閣諸島に上陸作戦なんかしませんし、
奄美大島や沖縄近海を艦隊や航空機が違法的に通過することも絶対にありません。
だって空母や潜水艦が太平洋沖へ合法的に通航出来る回廊は既に確保してあるのです。

th_平成28ゼロ
これは平成28年の領空侵犯ゼロだった中国機の飛行パターンですが
ご覧の通りギリギリセーフのラインで挑発はしても決して領空侵犯はしてませんし
中国の尖閣諸島でやってる挑発も上記の戦略的な優位性が前提があるから
絶対に自分から攻めて来ない日本をおちょくる延長線上にあるに過ぎません。

img_8.jpeg
それも事の発端は民間船である中国漁船へ過剰反応した元都知事
せっかく双方棚上げしてた問題だったのに、現在進行系の国際問題へ発展させ
不毛な軍拡競争へ走り出す発端は、中国でなく自称愛国者の元都知事。

その間、中国は爆発的に経済成長をとげ、
このバカにしてた時と違い、今や経済的にも軍事的にも立場が完全に逆転し
戦略的な前提条件が今や完全に崩れたのです。
th_th_fc8715c3afa44e3f31ae50d63622a7af.jpg
まず、日本から手を出した場合、中国は日本を機能停止にして壊滅するだけの
ミサイル投射能力をもってますし、今やICBMで米国と対峙する国。
近場へ大量投射できる能力は今や遠くグアムにまで及び、日本や南西諸島なんか
何かあれば数千発単位で弾道ミサイルや巡航ミサイルが飛んできます。

オスプレイや水陸機動団やいずもやF35Bや射程距離900kmのスタンドオフミサイル等
完全に敵地攻撃能力でしかない装備を反撃の名の下に装備してますが、
一体全体何を目的に
中国が尖閣諸島へ攻めてくるのでしょうか?

そんなに中国の脅威が迫るなら何故、
自衛隊は尖閣諸島へ基地を作らないのでしょうか?

sengoku38が内部告発に出る程に漁協権が脅かされてる最前線ですよ。

韓国が竹島で中国が南沙諸島で日本が沖ノ鳥島でやってる
人工的なそれを言うとバカな右派や制服組が泣いてしまうので
機会を改めてじっくりやりますが

th_th_f3f4055b51393c5ace8cff3d620688f7.jpg
中国が攻めて来ない以上、改憲なりして自衛隊から手を出すしかないのですが
中国へ自衛隊から手を出した場合、中国の弾道、巡航を問わず移動式の長射程ミサイルを
全て先制攻撃で破壊しない限り、核も含め徹底的に報復攻撃されますからね。

それは戦略的に無理ですし、全面戦争へ発展したら核も含め単純な物量差で必ず負けます。
そもそも全面戦争になったら即、補給線を絶たれる日本に勝ち目はありませんよ。
今は煩いとバカにしてる中国の原子力潜水艦でも
民間船を相手に日本の補給線を外側から断つには十二分な能力です。
どんなに静かでも通常動力でしか走れない日本の潜水艦は勿論、
護衛艦をフル投入しても長い長いシーレーンを防衛する能力はありません。

そう、やる前から戦略的に負けているのでして
「戦わずとも勝つ」を標榜する中国は経済も含め着々とそれを進め”外堀りを埋め”ているわけで
それが順調に進んでいるからこそ焦り
尖閣諸島や南西諸島を餌に喧嘩をふっかけよう
としてるのが日本の自衛隊なのです。
直接的な抑止や実効支配になる尖閣諸島でなく
南西諸島へ自衛隊を配備してるのも自衛隊自身が挑発メインで本気でやってない何よりの証拠。
誰も住んでない尖閣諸島へ土建屋使って基地作ってもカネや利権になりませんからね。
米軍は装備も含めカネになりますし、改憲すれば海兵隊の弾除けになるから容認してるだけ
守る気も守る義務もありません。

で、そんな尖閣諸島を餌に南西諸島へ限定した戦争でも
戦略的には完全に破綻してるのが困りもの。
th_長い補給線
これは自衛隊が配備される南西諸島の図ですが
ご覧の通り、尖閣諸島から与那国島まで1000km近い長大な補給線を維持する必要があります。

しかし、自衛隊にはそんな兵站と呼ばれる補給線を維持する能力はありません。
陸自の「機動戦闘車」調達は予算のムダ遣いだ
上記の記事にあるように落ちたアパッチやオスプレイやMCVと呼ばれる機動戦闘車やF35やオスプレイや
中SAMやSSMや「いずも」〜等、書ききれない程の無駄な装備に莫大な予算使ったがために
肝心の兵站能力や衛生兵すら足りない状態で

th_喜界島移動th_自走砲
戦車すら民間のフェリーで運んでるくらいですからね。
自分らですら自前で戦車を運べないのに、わざわざ相手が戦車を運んでくると思ってるんですよ。
まさに過大評価も甚だしいバカバカしい戦略ですが、以前も書いた通り
th_有事の際
有事となれば、この軍事利用される港湾や空港こそ言い訳になりませんからね。
基地と同じく動かない固定目標であるこれらは全て徹底的に破壊されます。
ヘリパッドだろうが動かない固定目標。天気が悪かろうが座標を打ち込むだけで、
ミサイルを正確かつ大量に投射できますからね。確実に息の根を止めに来ます。
わざわざ民間船が兵站の一部を担ってるんですから、
中国には破壊する大義名分も言い訳も十二分に立ちますんで悪しからず。

th_補給線破壊
つまり、中国としてはアホな上陸作戦なんか想定してる自衛隊なんぞ
固定目標の港湾と基地さえ破壊してやれば完全に補給線を断ち
南西諸島のそれぞれを孤立化させることができるんですね。
それも安全な中国の本土から。
あとはじっくり時間かけて”集中的に”島内に取り残され飢えた
移動式の部隊と島民や増援部隊を各個撃破で料理すれば済む話。

古来、飢えた軍隊が戦争に勝った例はありません。

下手したら飢えた自衛隊と島民で内戦が始まる可能性もありますし
歴史を見れば勝手に玉砕する可能性もあるんで、何れにせよ効率的です。

フォークランド紛争を参考にしたんでしょうが、時代錯誤も甚だしい防衛戦略。
中国の脅威を背景にアホな限定戦争を目論んでる自衛隊。
全国の部隊や水陸機動団を英国の如く華麗に投入し”奪回”すべく目論んでますが
th_逐次投入
中国にしてみれば限定戦ほど有利。ご覧の通り安全な本土から
将棋の桂馬のような大量なスタンドオフミサイルを上陸点へ、集中的に投射すれば
勝手に点線の地域へ上陸しようと集結する全国の部隊が各個撃破されるんで笑いが止まりません。

まさに飛んで火に入る有事の自衛隊。

バカですね〜〜〜(笑)で、笑い事でないこれ、大日本帝国でなく現代の自衛隊ですからね。
今年の防衛大綱もこのアホな戦略で行くんでしょうか?楽しみですな。
僕のような間抜けにすら看破されてるんですから、中国はとっくの昔に看破してますよ。

こんなアホな無駄遣い戦略。だから中国もおちょくる程度でマトモに相手にしてないのです。
戦わずとも勝てるんですから。当然ですよ。
おまけに日々衰退してる現代の日本や経済制裁食らう大日本帝国ならともかく
日々成長してるのに焦る必要なんか1ミリもありません。

2017080700004_3.jpg
そもそも中国的には南西諸島へ限定せずとも本土ごと補給線も断てますし
アウトレンジでスタンドオフな攻撃はいくらでも可能なんです。原子力発電所も含めてね。
日本を無力化するだけなら造作もないのですが
その分散したリスクをわざわざ、中国にとって最高に有利な
南西諸島へ限定して各個撃破の対象にしてるんですからバカもバカ。

無駄に高い装備も含めりゃ超大バカです。
少し考えりゃわかることすら解らないのが日本の軍隊。
相変わらずアホですね〜戦わずとも100%負けますよ。断言します。

th_DDH-183_いずも_(9)
このヘリ空母もステルス戦闘機も載せる母体ごと無駄ですよ。
th_OTHradar.jpg
超水平線レーダーも監視する目の前で限定戦争するんですから
こんな目立つ大物。完全に探知されます。ドローン大国を甘く見てはいけません。
そ、れ、に

th_使いやすい核
いよいよ米国が”使いやすい核”を推進し日本も支持してますからね。
中国やロシアにとっても、相手が推める以上、この核を最大限に有効活用しますよ。

th_限定核爆発
つまり、自分から尖閣諸島沖に戦域を限定し
高くて中途半端な装備でノコノコと目の前にやってくる「いずも」たち
それを艦隊や部隊ごと限定核兵器で葬り去るのに最高の条件が揃ってきたわけです。
米国の空母すら狙う中国。自衛隊の艦隊を破壊するのは造作もないですよ。
精度も必要ない戦術核なら尚更。
しかも相手から推進してるんですから大義名分も十二分。

おまけに日本は被爆した前科者ですし、今度も改憲して邪悪な先祖返りし
自分から手を出した後の報復なら、「まーたやったか」てなもんで
日米を除き(下手すると米国も)世界中誰も非難なんかしないでしょうね。
そんな邪悪な野望を打ち砕き、裁きを下すのに無人島沖は歴史的にも最高のフィールド。
今や悪の帝国は米国のほうなんです。戦後の戦争の歴史を見れば明らか。
それなのにノコノコとバカですね〜。

こんな愚かな連中に付き合ってたら命が何個あっても足りませんよ。ホント

どうです?これだけ書けば自衛隊の軍備に反対する理由が嫌でもわかるでしょ?
しかも中国は成長国、日本は衰退国ですからね。

中国は「戦わずとも勝つ」経済も含めた戦略を固めた上で
戦術的な有利性も最大限に活かしてるわけで、この差は増々拡大します。

勝算無きそれへ「脅威だ〜〜〜!」と付き合えば付き合う程、軍事で消耗し
成長する機会も減り自滅へと向かうのです。
何もなくても平和だった南の島なんか、基地だけでなく民間空港や港湾も
標的になり飢え死にになるリスクだけで、百害あって一利なし


勝算のない軍拡に国費使うな。

反対する理由はこれだけで十二分です。


スポンサーサイト