時事・政治・経済の記事 (2/254)

まんまと挑発に乗って手を出すと・・・

まあ追い詰められた大統領から首相まで
これまた追い詰められた?独裁者の挑発に乗って見事なまでの過剰反応。
マスコミも含めてそのミサイルの喧伝に加担してますが、
政治家は立場上しょうがないにしても、関係ない挑発ミサイルに反応することこそ
まさに相手の思う壺。

その行為自体では政治的効果を何ら果たせないテロや恫喝。
その目的は、必要以上の畏怖なんですから
不必要に騒ぐのはわざわざ恫喝へ最大限の効果を与えてるようなもん。

そう、そもそもICBMなんて米国しか脅威でないのですよ。

んなもん、あっそ。と、ほっとけば良いわけです。
自分らの領土へ撃ち込めば容赦なく専守防衛で反撃できるんですからね。
経済制裁でカツカツな恫喝国家が狙って海上に落とす挑発ぐらいで
いちいち過剰反応してたら相手を完全にアシストしてるようなもん。

祝電送るくらいの余裕が無いとアレなんですが、日米共に為政者はとびきりのバカなんで
(愚かな行為を糾弾する意味でも、この際、辛辣にいいますよ)
同レベルな国民も含め見事に独裁者に翻弄されてますね。

経済制裁で追い詰められた大日本帝国が戦艦大和を誇示してるのを
自分たちで怖い~~~と、畏怖した上に
あろうことか、自分から手を出そうとしてる始末。

CIMG6367_R.jpg
いいですか、敵は地上兵力102万人
韓国軍は50万、在韓米軍は1.7万人しかいないのです。
それを踏まえ
限定的な先制空爆でも北朝鮮にすれば明確になる主権侵害。
反撃の大義名分を得るわけで上記の地上兵力に合わせ
CIMG6373_R.jpg
関係ないICBMより日本や韓国を完全なる射程内に収めるI/MRBMも叩き潰さないと
最新兵器で制空権握ろうが、手痛いしっぺ返しを食らうのは確実。

確実に第二次朝鮮戦争へ発展しますよ。

そうなると、勝とうが負けようが中東などと違い
国境線を隣する中国やロシアが黙ってると思うのは楽観というもの。

個人的にはこのミサイルすらロシアか中国の既製品ではないかと見てるくらいで
捨て石島嶼防衛の番外編にも、南西諸島シフトと安倍外交の間抜けな経済協力で空いた
北方方面の穴をロシアが虎視眈々と狙っている様を書きますが

あまり中露、特にロシアをナメてると痛い目に遭うでしょう。

第二次朝鮮戦争となれば、裏で支援してくるのは確実で完全に代理戦争と化すでしょう。
ゲリラ戦用の地下壕など泥沼化する土壌も戦力も北朝鮮にはありますからね。
イラクやベトナム以上に

その辺を理解した上で挑発に乗ってるんなら、アレですが
何しろ歴代大統領でとびきりのバカですからね今の米国大統領は

何も考えず目先の人気と利益のために
まんまと挑発に乗って先に手を出す可能性は大有り。

テクノロジーは進歩しても人間の本質は愚かになってますからね。
せめて、少数派な我らだけでも正確に見極めをしたいところです。

CIMG6371_R.jpg
わざわざ相手の挑発に乗って自分から泥沼へ手を出さずとも
専守防衛で粛々と最新テクノロジーで自己防衛できるんですから

民主主義に対する冒涜

自分から法が支配し、表現の自由が担保された街頭へ出て演説したのに

bandicam 2017-07-04 08-27-29-463_R
この言い草。

批判の無い一方通行な意見表明がしたければ
自分のブログかイエスマンばかりの国会の場でやればいいのです。


bandicam 2017-07-04 08-26-35-780_Rbandicam 2017-07-04 08-26-29-839_R
どんなに耳の痛い意見だろうが、民主主義国家なら法の範囲内で最大限尊重するのが
基本中の基本。
別に民族的な差別や肉体的な欠陥や障害を中傷したわけでもなく
黒い権力者に対する実にシンプルで率直な感想掴まえて誹謗中傷?冗談じゃないですよ。
批判から全てが生まれるのです。

イエスマンばかりの暗黒政権からは一部の人間や奉仕者や権力者が私腹を肥やすだけで
数々の疑惑しか生まれてません。

庶民の暮らしは自己責任の名の下で悪くなるばかり。
そんな国民のダイレクトな意見掴まえて「この人たち」ですからね。

CIMG6352_R.jpg
「私は君の言うこと徹頭徹尾嫌悪するが、しかしそれを言う君の権利を死ぬまで擁護する」

この民主主義の基本中の基本を言ったヴォルテールの言葉すら
bandicam 2017-07-04 08-27-45-031_R
bandicam 2017-07-04 08-27-59-715_R
総理は無論、官房長官までも知らないようです。
野党議員がどれだけの野次やブーイングに晒されて、酷い時はモノまで投げられてるか?
それでも法治の範囲内で表現の自由を最大限に尊重するのが文明的で寛容な民主主義の基本なんです。

そんな民主主義の基本中の基本すら知らずに(フリなら尚性質悪し)
自分らへ批判的な意見は片っ端から”こんな人”呼ばわりし
自分ら政官財の汚職などの罪状だけ例外にし
国民を共謀罪やらで思想弾圧しようと目論む政権の化けの皮が剝がれまくってるわけで
もう、こうなると完全に民主主義政権とは言えません。

批判には一切耳を貸さない北朝鮮や中国共産党やトランプ政権と同様に
イエスマンばかりの全体主義国家なディストピア。
bandicam 2017-07-04 08-28-05-978_R
笑えるのが批判には一切耳を貸さないくせに
発言は自由とか恥ずかしげもなくダブルスピークを言ってしまうところ。

こんなレベルの人間に民主主義なんか到底理解できるわけがないですし
歴史の針を全体主義な戦前へ巻き戻すのが、完全に確信犯である何よりの証拠。
bandicam 2017-07-04 08-27-14-353_R
それより、この首相の発言は表現の自由や基本的人権が担保された
主権者たる国民と民主主義に対する完全なる侮辱であり、最大級の冒涜です。

ここからが掘り返しの本番ですよ

首都の選挙で惨敗したところでね。
目先の保身のために真っ黒なまま国会を強制的に閉じて、
卑怯に逃げ回る疑惑の本質は何ら解明されてないんですよ。

その保身に腐心した選挙で惨敗したのが実に笑えますが

森友学園の小学校用地、国が買い戻す
墓穴
そんな狂騒に隠れてしれっと超お買い得品な墓穴は国へ戻されてますからね。
そう、真っ黒な両学園ドラマその墓穴の掘り返しはこれからが本番。

ゴミ根拠1
この科学的根拠がまるでない
ウルトラお買い得な国有地の真価が本物なのか?

悪巧み
はぎうだ
獣フレンズな獣医師の需要が本物なのか?

その掘り返しの本番は、まだまだこれから。

卑怯に逃げ回れば逃げ回るほど、じっくり掘り返されるでしょうね。
稲田 卑怯

浪速の地下から獣医師の需要まで本質は逃げないのですから。

あ、それと今回勝った都民ナンタラも同様ですよ。
土建屋にハコモノ造らせてカジノや国粋主義なイベントや武器輸出で儲ける。
一部に奉仕して庶民を踏み台にするナンタラ維新と同じく
愛国カルト文教族と共に暴走する暗黒自民党の隠れた別働隊を演じるのか?

その真価が問われるのはこれからです。

今こそ愚直にペンの力を信じてますよ

201210121009431.jpg
詩人のアーサービナード氏が出るラジオやテレビ番組をよく視聴しています。
彼の話しはこの時代状況を彼らしい感性で鋭く分析していて
今の日本にとって非常に貴重な存在だと思っています。
先日彼が「今こそ文学の力」とかそういう感じのテーマで話してて
個人的に腑に落ちました。

今や本当の意味での文学なんてマトモにやってると変人扱いですし
大学の学部でも文学部は減少傾向ですし、芥川賞だってあんな状況。
若い世代はおろか今や高齢世代も文学なんてマトモに読んでない状況。

でもねえ。科学や音楽はポピリュズムなナチス・ドイツなどの
独裁者に利用されましたが、文学は違うのですよ。

何より人間が持つ想像(創造)や表現の力によって圧政状況の本質を抉り出し風刺。

感情に訴える国粋主義や野性的な利害を優先する腐敗政治に抗う理性的な概念を生み、
それを文学という媒体を通し読み手に対し伝えたり
全く新しい圧政から解放された政治状況が実現した未来を擬似体現させ、
読者へ啓蒙させられるのは文学だけ。

政治変革の傍らには、人間のイマジネーションを活用する文学が必ずありました。

まさに今のようなオルタナティブな圧政になると、
本質を抉り出し、圧政解放の未来を擬似体験させる文学こそ変革の力になるのです。
だから独裁者は危険視して、政権維持に利用できる科学や音楽より
厳しく弾圧されて当然なのです。裏を返せば、それだけの力が文学にはあるんですな。

だって「君死にたもうことなかれ」で弾圧されたんですよ?

だから、こんな文学軽視で情報が氾濫する、
ある意味戦前よりも思想面で偏った状況だからこそ文学を尊重し、我らは熟読し
才能ある方は愚直に書き続けることが、何よりも大事だと思っています。

昔は哲学も文学も理系や科学や芸術も同じ軸上にあったのですから。

最後の最後に勝つのは、野性的でポピリュズムな利害でなく
理性、つまり、ペン=文学なんですよ。

それは過去の歴史が証明してますし、今こそ愚直にそれを信じてます。




まだ不祥事だけならマシですよ

消費支出15カ月連続減

まあ往生際の悪い腐敗や不祥事で騒いでますがね。
その現実逃避な自画自賛や居座り劇の果てに、
それよりも遥かに深刻で後戻り不能な現実が嫌でも迫ってきます。

zu03.gif
今回もあの戦争と同じように上澄みだけの好景気を公金まで使い演出してますが
土台である底辺はボロボロ。
あの戦争ですら減らなかった日本人の人口。
日本の歴史上初めて、それが減ってるんですから
戦禍が無くとも、あの戦争より悲惨な報いは覚悟しておくことです。

あの戦前と何もかもが違う、今度の現実は本当に甘くないですよ。
Huaweiが日本で通信機器生産へ、
中国企業初の本格的な工場新設に

時代遅れの文教族議員のような自画自賛で戦前回帰な脳では
理解も認識もできないでしょうが、今やタカタから東芝まで
中国や韓国の資本の下で”日本人”が働く立場。

そして、それは今後もっと加速しますよ。
認めたくない現実でしょうが(笑)

そんなわけで、今度も醜く近視眼的な悪足掻きをしながら
無能でも現実を見る僕ら非国民を弾圧しながら自画自賛に励むことです。