2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:時事・政治・経済 の記事リスト(エントリー順)

全肯定か全否定かの時代だからこそ愚直に

 【20//2017】

建前上は民主主義のこの国には公平な議論などというものは存在しません。
代わりに存在するのは、政権側の強行や強弁。
それに安い利害で首根っこを押さえられた大衆が従属するという構図。
大衆だけでなく、三権分立で独立するはずの権力構造も体制従属。

米国や韓国にはかろうじで、公論や自浄作用なんてものが存在してますが
この国の民意なんてのは、安倍首相バンザイな全肯定か
アベ政治許さない!の全否定
それに見事分断され、増々もって前者の権力側が増長してる次第。

強弁のほうがネット世論工作などへもシンプルで親和性が高いですからね(笑)

それに餌となる人が減り頭数だけ増えた安い労働力や公金で増やした株価
それで現代の財閥ともいえる大企業や御用マスコミなどを優遇さえしとけば、
どんなに腐敗しようが権力基盤は安泰。
(その大企業すら腐敗して決算すら出さず開き直ってんですから呆れます)

強行。
なんで、仮にも民主主義国家なのに
こんな強行劇が日常的になるのです。

スクリーンショット 2017-05口論
昨日の朝日新聞のオピニオン欄にご覧のようなテーマで
実に救い難き上記のような現状を分析し解決策を模索してるんで読める人は必読ですよ。

そう、オルタナティヴ・ファクトな今や権力者の詭弁でなく
シンプルな強弁(誰かさんは意味不明に冗長な強弁ですが)によって民意は分断。
詭弁は詭弁なりに、本当かも?と思わせるロジックがあり
それなりに知性が要求されるのですがダラダラ
現状はコレ(笑)

まさにこれこそ詭弁にもならない強弁による印象操作で
NHKや産経読売などの大手御用メディアやネット配信などでは
この強弁部分のみをコラージュするので、元々論理的な思考ができない大衆には効果的なわけです。

だから「泣く子と地頭には勝てない」「無理が通れば道理が引っ込む」
という格言が昔からあるわけで
まあ、トランプなども上記の手法ですな(笑)

このまま、戦前回帰な大衆煽動な分断工作が続くと米国や韓国と違い
国民性や民主主義の構造的に遥かに体制へ従属的なので
あっという間に北朝鮮に近い全体主義ディストピアが完成するでしょう。

何しろ自分の暮らしが貧しくなろうが、というか、なればなるほどムキになって体制へ従属。
果ては正規軍から国民まで国家ぐるみで自爆する程に暴走するのですから
支持率なんか意固地に上がりはしても、この国民性ではそうそう下がらんでしょう(笑)

その戦前回帰の媒体が国威発揚五輪であり、北朝鮮や中国などのマッチポンプな敵であり
それにかこつける改憲であり共謀罪であり、天皇制や靖国神社などの国家神道の残骸。

そんなわけで、増々肩身が狭い我々、自由や民主主義や各種基本的人権を標榜する非国民。
h1-1-1-01.jpg
これだけ従属的で大人しい国民性で、実際に治安も過去最高レベルで良いのに
なんでテロ対策のために新たな法案が必要なのか?
アベ政治許さない!と公言してる我ら非国民なんぞ大して監視する必要はないですが
安倍首相バンザイ!な自称一般人。
そんな連中に紛れた危険分子こそ監視する必要があるのですが
彼らは自分は例外と思い込みにはそこまで考えが及びません。

特高警察や赤紙なディストピアは想定外にやってくるのです。
誰よりも信じて実践した籠池前理事長のようにね。

まあ、こういうのはあの戦争のように言うより
実感させるのが手っ取り早いので
とっくに想定済みな我らは愚直に現状を訴えながら、全肯定か全否定しかない分断時代を
極論に流されず自分の頭で考え、価値判断し自己防衛しサバイバルするだけです。

政治経済、長い目で見た彼らの破綻は最初から保障されているのですから。

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

今こそ分担

 【19//2017】

森友だの加計学園だの
スクリーンショット 2017-05-19 79098
スクリーンショット 2017-04-05 1098989004
お友達による公私混同で愛国カルトと教育が絡んだ悪巧みは
アッキードも巻き込んで真っ黒なのは報道の通りで言わずもがな。

この2月から森友の朝日新聞によるスクープ以来、
彼らが口だけで否定(合法な寄付まで否定する爆笑モノ)し火消しを図ってたきたのは
振り込み用紙から文書から録音データから合法寄付まで

全部本物(嘘だというならオッチャンをさっさと偽証で起訴せよ)でしたし、
今も記録も記憶も有耶無耶なまま、卑劣に逃げに逃げまくっています。

そんな安倍一強な狂った事態の中
野党は支持率も分散して攻め手に欠いてるように言うメディアもありますがね。

それでいいんですよ。
だってこの状況で集中して攻撃しても、逆に集中して反撃食らうだけですし
この安倍政権における政治腐敗の背景は国民性も含めた構造や民族性の問題。

これは法的云々よりお友達へ迂回し利益誘導する
合法的なモラルハザードな問題なのですから
(無論、真相が解明されれば巧妙な贈収賄が成立する可能性が大ですがね)

その問題に気付いて修正できてるなら、そもそも
こんなモラルも自浄作用も無き救い難き開き直り状況にはなってません。

だから個人的には野党は支持率も考えず、森友から獣フレンズまで
良い感じに問題を分散し、各党それぞれ役割分担して追求攻撃しててエエ感じ。

こんな小物も小物な安倍の首を取るとか、そういう甘い問題ではないのです。

明治以後の日本人の救い難き体質改善。
その民主主義を真の意味で身に付けるプロセスには壮大な生贄が必要で
それは今度も支持や規模が大きければ大きいほど体感度は高くなります。

あの一億総〇〇な大日本帝国と玉音放送のようにね。

なので、これだけ権力へ執着する与党や思想無くその利害に執着する国民がいる以上、
解散選挙なんかしても結果は同じ
スクリーンショット 2017-05-14 めちゃくちゃ
科学的に完全にあり得ない腐敗を証明できる動かぬ証拠は
浪速の墓穴の地下にあります。

もう野党は政局なんぞ気にせず
伸び伸びと戦線を延ばして共同し言説をとりながら
外堀りを埋める分散攻撃をじっくりとやるべきでしょうね。

そすれば1強の相手と違い各個撃破されても次から次と包囲網を敷けます。

そんなわけで、この長期戦は本当に長いですよ(笑)
何しろ敵が国策イベントまで執着する気まんまんなんですから


Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

やっぱり裏とり一次情報の価値や高し

 【17//2017】

色々とインターネットだSNSだなんだのデジタルなメディアも普及しましたが
結局、情報的価値があるのは一次情報や資料。

それも物理的な災害など歴史的な試練や検証に耐えるのはデシタルではなくアナログ。
そんなわけで、この間抜けはデシタルに並行して
音楽や読書等アナログな情報を重用し、また、自分でも記録するようにしています。

そして情報収集もTVニュースは地上波やCSやBSから取捨選択しつつ
ラジオがメイン。
音楽はハイクオリティなNHK-FM。情報系はラジコプレミアムを活用し
TBSと文化放送の一部番組へ信頼を置いています。

インターネットもYouTubeなんか大衆化(というより商業化)に伴い
いつの間にか実に実につまらない場所になりつつありますし
日本のネット空間も中国と大差ないくらい偏った世論工作が横行中。

そんな今こそ真の意味で自分で情報を取捨選択する時代が到来した予感。

それを自称してたインターネットが、今やその取捨選択から外れて
アナログな新聞が個人的に選択されたのは皮肉なもんですが
自分の主義主張にあったマストでなく
ベターを選択するのが民主主義なら、当然の帰結。

それがマスト(絶対)になったら大日本帝国の大本営発表。
今や産経や読売新聞や一部地上波放送やNHK報道などはその傾向大ですが。

大統領やアッキードのSNSなど、ネットは今や高度な知的空間でなく
大衆を恣意的に扇動する工作の場に成り果てました。

そんなわけで個人的には地元紙と図書館での閲覧が主でしたが、
今年からは全国紙も復活し地元と全国2紙体制。th_CIMG5070.jpg
(朝日新聞の西部版は例のスクープが間に合わず)
こんな戦前回帰な時代。
半ば弾圧同然の沖縄タイムスも併読したいのですが、そこまでは家計的に割けませんでした。

まあ、ネットもリアルも中途半端に自由が担保されてるだけで
中国以下になる可能性も高いですし、
その浮いたマニーを価値の高い共有情報へ回すのもアリでしょう。
何しろ時代は戦前へ回帰してるのですから
スクリーンショット 2017-05-17 189080
あ、そうそう今はどちらか一辺倒でなく
紙の紙面代に1000円とかプラスすればデジタルも補完できるんで
自分は紙とデジタルハイブリッドなダブルコースを愛用しています。
(毎日新聞はコレが新聞代に500円プラスとかなんでお得)
(産経はタダですが、そもそも記事自体がタダでも要らないですな(笑))

th_Screenshot_20170517-145712.jpg
そうすればね、こんな感じで東京版のみのスクープでも
PCだろうがタブレットだろうが補完できるんで便利便利♪

自分のように奄美大島という離島でASAの配達が遅い地域でも
その間の補完にもなります。

あのね〜育てる意味でもちゃんと価値があると思ったメディアにはお金払ったほうがよいですよ。

某IT先駆者のメルマガやら有料情報サイトやら
価値がありそうで一切ないメディアにはビタ一文払う必要ないですがね(笑)

まあ、今時の人からすれば高い情報代かもしれないですが
デジタル紙面全盛な米国が生んだのが、あの大統領ですよ。

森友問題で明らかなように、野良犬だろうと専属記者だろうと
足で稼ぎ裏を取る価値のある情報というのはね、タダじゃないのです。

世の中甘くはないですし、タダほど安いものはありません。

だから不満足ながらも地元紙や全国紙の中からベターにお金払ってんですな。
当然、産経や読売新聞のような政権御用新聞は放送局はしっかり取捨選択の網にかかります。
フェイクを連呼する大統領が跋扈するSNS時代なら尚更この取捨選択は重要。

今でも価値があるのはSNSや嘘つきまくりな国会答弁やネット動画や配信でなく
しっかり裏をとった一次情報のスクープ。

あと、図書館にある一次資料や証人喚問や裁判所の証言も言わずもがな。
これも歴史的検証に耐える価値があります。

あのねえ、ネットの記事だって何時までもあるわけじゃないですよ。
過去記事を残してるのはロイター通信くらいなもんで
時間経過と共に殆どが消えていくわけで、
ある意味インスタントにはフェイク書き放題なわけです。

だからこそ歴史的な資料という面では
紙の紙面とスクラップブックのほうが資料的な意味や価値を持ってくるのです。


そんな、恣意による世論工作が全開の時代。
アナログな一次情報を蔑ろにして
タダでインスタントなデジタル一辺倒になるのは、それこそフェイクでしょうな。

最後にこんな時代に貴重なお金払ってんだから、記者さんにはお金だけでなく
民主主義のために働いてもらわないと困ります。
こんな戦前回帰時代なら尚更。

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

この時期こそ風邪に注意ですぞ

 【16//2017】

エアコンなどで油断したせいか
夏?梅雨?風邪をひいてしまいました。
この冬は一切ひかなかったのに〜〜マッタク。
そんなわけで若干グロッキーなんで一時停止の一休み。
CIMG5014.jpg
天皇陛下も体調不良なようですね。
誰かさんの横暴に陛下が憂いてると忖度してる身。若干、光栄であります。

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

醜く居座ればこそ

 【14//2017】

まっ黒いのに逃げまくって隠しまくって
自我の無い国民性の支持率が高いからって権力の座に居座るのはええですがね。
スクリーンショット 2017-05-14証言台
自称誠実で卑怯な権力者がタダで済むと思ったら、あの戦争と同じく大間違いですよ(笑)
醜く居座るからあの戦争のように長引くわけで
何度も何度も言うように潔く同じ証言台に立って
その潔白を証明するだけで済むのです。
スクリーンショット 2017-05-14 めちゃくちゃ
どんなに高い支持率で居座ろうと
国家を私物化したこの真っ黒で科学的にも完全に有り得ない
むちゃくちゃな疑惑は永遠に晴れないのですから。


墓穴
じっくりと外堀りを埋めながら動かぬ証拠が眠る墓穴を掘り返しますよ。
機が熟するまでジワジワとしつこくね。

2020年だろうが、その後だろうが何年かかろうが関係ナシ。
言っても無駄で熱しやすく冷めやすい国民性はあの戦争で証明済み。
この国民性の根幹に関わる問題はワイドショーなポピュリズムブームで消化して、
ハイ次!で済むような問題ではありません。

支持率が高い段階で淡々と事実を突きつけるのが一番でしょうな。今度も
当然ながら戦前回帰な今度も全く反省は期待できませんが(笑)

それもこれも醜く居座ればこそです。
というか、今仮に下克上な世直しする価値が思ってるなら
相当に自己評価が高過ぎです。

市場から何から何までインチキに公私混同する連中だからこそ
ババな椅子にしがみ付くしかないのです。
正攻法じゃ立て直せる能力もないですし、そんな連中がやりたい放題したせいで
もはやこの国には立て直す余力もないですからね。

権力者が潔かったらさっさと終わってます。黒い公私混同もあの戦争も。


Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フリーエリア

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

フリーエリア