奄美群島&ミサイル基地問題の記事 (2/21)

郷土を食い物にするコンクリートな人たち

明日も色々と国会でお騒がせな真っ黒い学園ドラマに真っ黒い国土防衛。
それだけでなく、五輪や世界遺産まで
th_CIMG6569.jpg
今や官邸主導な黒いゴリ押し案件に全て絡んで通底してるのが
コンクリートな土建屋。
この奄美大島でもご覧の通り堂々たるもんです。ハイ
th_20170718-20170718-IMG_1454.jpg
そりゃそーでしょ。
国防の名の下に世界遺産とか自分らで喧伝してる貴重な郷土の自然を
与那国島から石垣、宮古や辺野古、高江からここ奄美まで
国土防衛という大義名分の下にコンクリートな食い物にしてるんですから、
まさに本末転倒。

th_20170718-20170718-IMG_1462.jpg
見てください。豆粒ほどのクルマを
どれだけの自然が有事の呼び水にしかならない軍事基地のために破壊されてるか?
そのワンフレームでは収まらない広大なスケールがわかりますか?

コレ、毎日ブンブン不自然に走り回るダンプは目にしてても
郷土の自然を破壊してる現場は島に住む人でも殆ど知られてないですからね。
th_20170718-20170718-IMG_1459.jpg
そりゃ、国のカネでこんだけ好き放題やってりゃ儲かるでしょうよ。
それで11分割な合法献金キックバックすりゃ政治家も儲かり安泰なのは
森友学園や加計学園でも完全に証明済み。

五輪や世界遺産だって同じですよ。
その裏には、このコンクリートな利権構図があるのです。

彼らはお国や地元のためとか思ってるかもしれないですが
th_20170718-20170718-IMG_1508.jpg
子供が歩く通学路に国防の名で平気でバンバンダンプを往復させる連中です。
何が何でも目先の餌が全て。
こんなことやって自分らの子供にためになるか?
その子供らがそんな郷土に残るか?少しでも考える頭があれば
th_20170718-20170718-IMG_1512.jpg
こんな半端ない頻度でピストン輸送する車輌脇で
自分らの子供を危険に晒すことにはならないのですが、コレ。
完成後はダンプが軍事車輌と兵士の通勤車両に置き換わり
基地が有る限り永遠に続きますからね。

まあ、そんな感じで親方日の丸な餌に群がり餌の基である郷土の自然ごと
破壊し自滅する愚かな飼い犬と違い

村八分で非国民な野良犬には眼の前の現実こそが全て。

今度も愚かな暴走の果てにある事態に備え、
自己保身最優先で恋恋と地位に居座る防衛大臣より自己防衛あるのみです。

どーせ親方日の丸な餌に群がるなら、郷土の自然や子供らの安寧が犠牲にならない分、
生活保護でも貰って寝ててくれたほうが遥かにマシです。ホントに

そんなコンクリートな人でもでも、僕らは最大限に尊重しますよ。
「こんな人たちに負けない」と分断する好戦的な人たちとは違い、
”建設”的で平和的な問題解決姿勢を標榜してるんでね。

日本の天安門

日本は国民が主権者な民主主義の国。
反対意見を言う自由も表現行為も法治の範囲で憲法により保障されています。
そんな自国民をつかまえ、今や首相自ら反抗心を燃やし敵対心を剝き出し。

bandicam 2017-07-04 08-27-14-353_R
これが、多様な意見の尊重もへったくれもない
体制へ逆らう奴は全員敵な民主主義の実態。

いや、もうとっくに民主主義なんて、首相とそれへ群がる犬が破壊しています。
その最前線が沖縄。

戦争、貧困、差別。
今や自分が大嫌いなコレが国策の名の下に再びワンセット。
一部の土建屋や地主へ莫大な国費という餌を撒いて分断し、
県外ナンバーの機動隊員が土足で乗り込み
こんな人どころか土人呼ばわりで、民主主義や自由を公然と蔑ろにしています。

文子おばあ
あの戦火を掻い潜って生き延びた90歳近くになる文子おばあが、
そんな日本の天安門の路上で闘ってるのです。

コレが中国や北朝鮮と何ら変わらない南の島の現実。
若輩者の我らが見て見ぬふりはできんのですよ。

先日この奄美でも上映会をしましたが、
日本の天安門問題をリサーチしてる貴重な存在である
三上智恵氏が制作したこの最新のドキュメント映画にもあるように

今や愚かな国策の下にこの奄美もワンセットで捨て石にされるのは
再三この場でも指摘したとおりで、今や沖縄から先島まで他人事ではありません。

我ら”土人”や”こんなの人たち”こそ
コソコソと私腹を肥やし黒く逃げ回る民主主義の破壊者や
その犬達に対して、絶対に負けるわけにはいかないのです。

CIMG6432_R.jpg
とはいえ、首相を筆頭に反省ゼロな奴らは今度も一億総出で負けますよ。
何しろやってることは不要な軍備拡張に反対する”非国民”を弾圧。
お国のために自爆し餓死した70年前と全く同じなんですからね。

今度は戦火が無くても、庶民を踏みつけ国ごと衰退し
壮大に失敗するのは確実で、その証拠にあの戦争ですら減らなかった人口。
とうとう日本の歴史上初めて、日本人という種の個体数まで減ってます・・・。

県外ナンバーの機動隊員が集うように
戦後の成功し1人の戦死者も出さない現在進行系な憲法や民主主義や平和や自由を守ろうと
日本の天安門に全国各地から有志が集うのは当然のこと。

まだまだ足りないですし、こっちも絶対に負けるわけにはいかんのですよ。
平和を守った実績も民主主義という大義も我らにありますし
最後の1人になろうと諦める必要はありませんし、臆する必要も無し。

相手は一億で火の玉になっても、壮大に大失敗し自爆した相手なんですし
今度も姑息な保身や体制維持と分断を図ってる連中に大義なんて1ミリもありません。

また野に下ります。

ここのところ個人的にヒジョーに時間が足りなく
しばらくは野外活動やインプット及びリサーチへ集中するつもり。

なので、ここやSNS等の更新頻度も少なくなくなるかと思うので悪しからず。
th_CIMG6210.jpg
あ、そうそう。
本土は無論、この島でも殆ど知られていないこの捨て石島嶼防衛。
今度、その問題を先島から奄美までリサーチしてる三上智恵さん監督の映画の上映があるので
この今度も親方日の丸の下、南の島が捨て石になる問題に気付いた感度の高い人は
周囲の村八分な目なんか気にしないで、ぜひご覧ください。
th_CIMG6208.jpg
詳細はこんな感じになってます。
島の宝を大判振る舞いで買い取る親方日の丸よりは、チケットのほうもお安くなってるんで
宜しくです。

では、しばらく野良犬は再び野へ下ります。

日々破壊される地元の貴重な自然

何事も眼前の事実が全てですよ。
野良犬は愚直に野へ入りそれを探るのみ。
th_IMG_6516.jpg
雨が降ろうが愛する地元の山へポンコツ転がしてね。

th_IMG_6518.jpg
th_IMG_6514.jpg
独特なシダ類が茂る我が奄美大島の貴重な自然。
今やその貴重な自然も軍事最優先で大判振る舞いな親方日の丸の下
暴走重機や軍靴で日々踏みにじられようとしてるわけで
地元の自然と平和に過ごしてた野良犬ですら、怒りを抑えつつその匂いを嗅ぎ回る有様。
th_IMG_9444.jpg
地元の人間ですらもどうなってるか?
森や目先のカネをベールに隠され知らないその実体をね。
こうやって深い森越しな構図だと、目先の脅威や利益で売られる自然が一目瞭然。

th_IMG_9473.jpg
コレがその実体。まあ赤土むき出しで酷いもんですよ。
豊かな自然を内包した山が広角レンズでようやく全体がフレームインする広大な範囲に渡り
重機で削られ、何度もここで指摘してる通り意味のないミサイル基地のため
日々郷土の身近な自然が破壊されてるわけです。
th_20170620-IMG_9465.jpg
梅雨の雨で工事は中断してたようで静かでしたが
こんな大規模な工事は幼少期、喜界島に居た頃以来。
小役人である親父が霞が関まで行って住民やらと折衝し
(おかげで40過ぎの若さで死にましたがね)
島の農業基盤を築いた土地改良事業以来の重機の数ですね。

それだけ大判振る舞いな国費が投入されてる証拠。
まあどっかの学園ドラマと同じく親方日の丸な捨て石暴走国策ですからな。

th_20170620-IMG_9461.jpg
そりゃ儲かるでしょ。
これだけの重機使って貴重な自然をミサイルのために切り開いて大判振る舞いすれば。
ガードマンから土建屋まで目先の雇用や島や国の為なんて思ってるかもしれませんが
防衛上何の役にも立たないどころか、ハッキリ言って迷惑ですから。

同じ親方日の丸から意味のないお恵み頂くなら、生活保護でも貰って寝ててもらったほうが
自然も平穏な暮らしも壊さずに100倍助かりますよ。ホント
奄美大島 生活保護率
実際にそうですからねこの島は(笑)

th_IMG_9459.jpg
そんな奄美大島に親方日の丸な大判振る舞い。
コレだけ自然を壊して気になるのが、この時期特有の大雨による赤土流出。
何しろ環境アセスメントは森友学園と同じ黒塗り開示ですし、


着陸帯周辺から赤土 高江住民「欠陥」と批判高江 赤土
沖縄の米軍基地周囲からは実際に赤土が流出しています。
同じような大規模な工事をした喜界島でも自分は経験してますからね。
サンゴ等へダイレクトに影響する二次被害を
th_IMG_9451.jpg
陸から確認できる場所はないか探りましたが、こんな感じで急峻な地形なんで
森越しな穴場からは灯台下暗し。船か空撮しか確認手段は無いですね。
数少ない野良仲間がドローンを飛ばせるんで、その辺は雨の状況を見ながら追々。
th_IMG_6513.jpg
麓にある有良(あった)集落はゴルフ場造成の時にも流出汚染した過去があるらしいんで
その辺が心配になり探りを入れに来た次第。
th_CIMG6087.jpg
このミサイル基地。何度も言うように
移動式SAMやSSMなんでこの施設だけで終わりませんからね。
敵の衛星も含めた警戒網から隠蔽するために全島規模でミサイル車輌やらが
移動する道路や壕を拡張するのは確実。
それを示唆するかのように周囲には見たこともないような広大な
一般車両が通行できない林道?が整備されてまして
ダンプが余裕で通行できるコレから周囲へ色々と拡張は可能。

そんなの住民に説明したんですかね?

自然遺産だとか何だとか言ってますがね。それも含めて全ては目先のカネのため
今や親方日の丸の前にこんなもんですよ。

南の島の人間が温かいなんて、それは上辺だけのイメージだけでっせ。
今も昔も薩長に扱き使われてポイされるだけなのに
そんなの忘れて餌のためならだんまりを決め込み、後先考えず目先の餌を追う事に腐心。

テレビもラジオも手を変え品を変え、外面取り繕い、振興、振興、また振興。
目の前にある現状は正反対なのにね。
目先のカネのためなら自分の島の宝さえ平気で売る連中ばかりなのが現状です。ハイ

そんな近視眼的な思考状態で島も島国も発展どころか衰退するのは当たり前。

国策五輪で浮ついてゼネコンへ大判振る舞い。
外面だけパクリポスターやらで取り繕う東京も似たようなもんですか(笑)

そんなわけで、国費へ縋る暴走は安倍政権以降は特に顕著です。
生コン業者が平気で安倍総理のポスターこれ見よがしに掲げてるくらいですから

まあ、そんな感じでJOCもユネスコもカネの成る木。
最近では大本営な大河ドラマもですか

コレも長州の次はクッション置いて薩摩なんで露骨ですな。

足元は見ずに一部の既得権者のため目先ばっか追った結果が少子高齢化。
そのツケを払いながら、福祉や環境そっちのけで上澄みの権益を防衛するために
貴重な自然まで壊さたら、そろそろ我慢も限界ですなあ。個人的には

ただでさえ資本主義に毒され色々と病んだ身体。

地元の自然に癒やされつつ音楽でも聴いて平穏に寝てたいのに
こんな国家的な狂騒に付き合わされたら、か弱きマイノリティでも堪ったものではないですよ。

まさに切実な問題だから黙ってられんのです。マッタク
親方日の丸の下
70年以上前と同じというか、それ以上の誤り&過ちを繰り返すこんな事して
th_CIMG6114.jpg
子供に恥ずかしくないんですかね〜ホント

カルトな国粋主義や全体主義でイカレた連中はその子供のためとすら思ってそうですし
その子供すら犠牲にしそうですな。今度も

愚直にやることやるだけです。

th_CIMG6081.jpg
まさかモノ言うマイノリティ怒りのお手紙をホントに載せるとはね。
どっかの匿名な内部通報を怪文書呼ばわりする政権の下僕。
卑劣な個人攻撃を展開する新聞社と違って、
我が故郷たる奄美群島の地元紙もナカナカどうして、捨てたもんじゃないです。

とりあえず試しに字数制限の範囲で言いたいことを出来る限り詰められるよう
主語やらもテキトーな匿名で出しましたが、まさか載るとは思いませんでした。
次回からは大問題なミサイル基地問題に限定せず、この戦前回帰な時代の流れの中で
いよいよ迫害されつつある弱者の暮らしを死守すべく、色々と諸問題に対し実名でお手紙書く覚悟。

で、有事があっても無くても捨て石島嶼防衛。先日じっくりと説明しましたが
福祉や経済やまして環境なんかより軍事最優先。
自民 安保調査会 防衛費はGDP2%程度に
NATOを参考

この間抜けの言う軍事最優先が嘘だと思いましたか?
ホラ、さっそく我が日本国の政権与党は絶妙なタイミングでこんなこと言ってますよ。
コレ、国情の窮乏化とは正反対にもっと上がると個人的には思っています。
あの戦前のようにね。庶民より上澄みの暮らしや安全が最優先ですから。

どうせ負けるのは100%に決まってるのに、ここまで愚かなんですよ我が国は今でも。
そんなうなぎ登りな防衛費や株価と正反対に日々衰退する国情の変化は、
この目で南の島の街へ出てハッキリと確認しています。
誰が潤い、誰が虐げられてるか?それも併せてね。

こっちこそ目先の支持率や株価なんかマッタク一喜一憂せずスルー(チラ見はしますが)
国粋主義や国防の名の下に横暴を極める癒着政権から、暮らしの平穏や自由を死守すべく
法治主義の範囲内で愚直にやることを粛々とやるだけです。

今やホントに軍靴で地元の自然すら破壊され、平穏な暮らしも脅かされてるのですから。

あ、そうそう
対米従属をテコにした自衛隊の捨て石島嶼防衛の裏はお話しましたが、
その更に裏はまだお話してませんでしたね。

そこまで読んでる人は、この国でもおそらく極少数でしょう。
それは、日々の活動報告と併せて追々。