音楽・カルチャーの記事 (2/62)

LPで聴いてます。

ユーミンLP
やっぱりユーミンはLPで聴くと最高ですね。
親父形見も含めコツコツと学生時代にド田舎地元のレコ屋(今でもアーケードに健在)で集めたのを
アナログに復帰してからは改めてじっくりと聴いてますよ。

状態はそれぞれ違いますが、やっぱりユーミンは小さい時から特別なんですなあ個人的に。

th_CIMG4704.jpg
ユーミンのLPは荒井由実時代も含め、このEXPRESSなラベルが殆どですが
上の写真にあるように最後のほうはラベルもジャケット風に凝ったデザインになってます。
th_CIMG4703.jpgth_CIMG4708.jpg
最後のLPはバブル直後のCD時代には定番になる3D加工も施されてて
個人的には色々と思い出深いです。
th_CIMG4707.jpg
何故かカセットテープでも買いましたからね。
CD移行期のあの頃は家庭内の事情でプレーヤーが専有できずに
レコードやCDが突然聴けなくなったりして
同じタイトルを複数のメディアで買ったりしてました。
(スマホとかないので、ガキや学生にも金銭的余裕があった)
無論、高校生中盤あたりからの完全CD移行後はないですが

そんなわけで、ユーミンのは中身も含め芸術作品ですが
LPは特にその要素が強いですね。

初期のアートワークも実に素晴らしいですが
見開き時代の色んな加工がされたLPは色々と豪華で良いですよ。

CD時代のほうがセールスも伸びたのですが、最近よく聴くのはLP時代が多いですね。
当然ですが、ユーミンの作品に甲乙なんて付けれません。
どれもこれも個人的にはスペシャル。

LPは面倒くさいですが、レコードで聴くユーミンは味わい深いですよ。ホント
ちゃんとセッティングして聴く最近はCDより良いですな。

学生の頃は親父形見なアナログ機器でもセッティングとかテキトーだったので(笑)
勿体無い話ですが、ほんとに色々と良い時代でしたね。

ノスタルジーはあまり好きではないですが・・・。

なんやかんやスイングはええですな

春になって親父形見の古いLP聴いてます。
久しぶりにスイングジャズ
グレン・ミラーグレン・ミラー10
このボロボロ状態なグレン・ミラーの10インチは我が家では最古レベルのレコード
(多分親父が学生運動家だった頃に東京は中央線界隈でで買ったと思われる盤)
盤こそフラットですが状態も悪くパチパチとノイズがしますし
グレン・ミラージャケットグレン・ミラー状態
戦時中の録音は古臭いモノラルなんですが、なんか良いんですよ。コレが
団塊の世代でジャズ喫茶ド真ん中な今は無き親父形見のLPは多々あれど
コレは特に最近お気に入り。

パンクというジャンルを好きになった水先案内人的な
ラモーンズ(コレは自分でDigりましたよ)的な盤。
最近になってジャズの魅力を同じように案内したのはコレだったのか
と思ってる次第。

思えば、各種書籍や教材だけでなく
親父には音楽的な遺産も色々と遺してくれたり
文化的にも比較的恵まれた環境を与えてくれたのを感謝あるのみ。

幾つかはダメになってますが、コアになる盤はプレーヤーと共に
厳選して再稼働してます。

スイングジャズ
ベニー・グッドマン楽団01
th_CIMG4647.jpgth_CIMG4648.jpg
こちらの大御所もサントラ盤は健在。
いや〜改めて聴くと、エエですね。ホント

見開きにはビッシリと解説があってナイスなスイングと共に
ついつい読んでしまいます。
この時代の日本盤はレコードを”聴く”という時間と行為を楽しめて良いですね。

なんやかんやジャズというジャンルの水先案内人ですよ。この辺は
それを再確認してる。今日このごろであります。

NAMBA69新譜

いよいよ4月ですがNAMBA69の新譜を買いましたか?

5日発売の全6曲入りのミニ・アルバム。1600円税別
近所のTSUTAYAとかでもついでに買えまっせ。


相変わらずスカッとするメロディックなサウンドも
ギターが更に1本加わりサウンド的な幅も広がっておりましてエエ感じ。

憂鬱な時代の空気をカラッとブッ飛ばしてくれますな。
かと、思えば

ヘビーでダークなメタルっぽい曲も
これも新加入のギターが織り成す新境地ですな。

いや〜コレはコレで時代の空気に合いますな(笑)

そんなわけでバラエティに飛んだミニ・アルバムは買いですぞ〜。

LESS THAN JAKE 新譜

レス・ザン・ジェイク待望のミニアルバムのLPが到着

レス・ザン・ジェイク
同じくLPで持ってる4年前のフルアルバムから4年ぶりの新譜!
7曲入りのミニアルバムながらご覧の通り
その7曲をフィーチャーした穴開きアートワークが実にエエ感じ

LP本体もアートワークと統一された2カラーが素晴らしく

中身も往年のレス・ザン・ジェイク節が健在。
曲数こそ少ないですが緩急織り交ぜエエ感じ。
kakosaku.png
過去作品(やっぱりこの辺が好き)と合わせヘビロテ中です。

やっぱりレスザン節は最高。
何やら今年で最後になるPUNKSPRINGへも来日するらしいので
生で観れるとか羨ましか。

ライブは個人的にはこの辺がベストアクト。
キレキレで最高でしたな〜。

そしてホーンセクションこそ省かれてますが
このミドルバラード的な曲も個人的には永遠のマスターピース。
よく呑みながら弾き語りますよ。

KEMURI.png
洋邦問わず、やっぱりスカ・パンクはええですな。
こっちの日本代表も2色LPで負けてません。

合法なのに侮辱(笑)

いいですか、こんにゃくな寄付はそもそも合法なんですよ。
かごいけ
そんな合法な寄付に「侮辱だ〜〜〜!!」と、何故かムキになって民間人を証人喚問(笑)

まあ、実に笑える食いつきぶりですが
あべうらぎり2
そもそも、誰かさんがこんな180度ひっくり返る嘘をつかなきゃ
合法な寄付は「普通の寄付ですが、なにか問題でも?」
で、済んだのに

合法な寄付までムキになって「侮辱だ〜〜!!!」
と完全に否定する墓穴を掘ってて最高に笑える展開。
しかも、コレ、フェイクメールやどっかの首相夫妻と違い
野党はこのオッサンを最初から疑いはしても信用なんぞしてませんから

仮にオッサンの寄付が嘘八百だろうが、
信用して校長になったり認可した誰かさんのダメージにはなっても
野党は完全にノーダメージ(笑)

逆に「なんで合法なのに侮辱なのか?」とオッサンや野党に
質問されたらなんて答えるんでしょうね〜

ま、そもそも餌でしかない合法爆弾なんぞサクッと済まして
他にも山ほど質問しますがね(笑)

まーしかし我ら野良犬からの爆笑な合法撒き餌爆弾に
ムキになって見事なまでに食らいついたもんですが
何ら許認可権のない民間人であるオッサンを公開で吊し上げる以上。
公開指名手配

この不透明な国有地売却と私学認可へ許認可権を持つ公人2人は
もう嘘がつけない証人喚問から逃げられないですよ。

一ヶ月前はこのプロ私人がデカイ顔して校長してたんですから
スクリーンショット 2017-02-14 11
よくぞここまできたもんです。