2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:音楽・カルチャー の記事リスト(エントリー順)

LESS THAN JAKE 新譜

 【19//2017】

レス・ザン・ジェイク待望のミニアルバムのLPが到着

レス・ザン・ジェイク
同じくLPで持ってる4年前のフルアルバムから4年ぶりの新譜!
7曲入りのミニアルバムながらご覧の通り
その7曲をフィーチャーした穴開きアートワークが実にエエ感じ

LP本体もアートワークと統一された2カラーが素晴らしく

中身も往年のレス・ザン・ジェイク節が健在。
曲数こそ少ないですが緩急織り交ぜエエ感じ。
kakosaku.png
過去作品(やっぱりこの辺が好き)と合わせヘビロテ中です。

やっぱりレスザン節は最高。
何やら今年で最後になるPUNKSPRINGへも来日するらしいので
生で観れるとか羨ましか。

ライブは個人的にはこの辺がベストアクト。
キレキレで最高でしたな〜。

そしてホーンセクションこそ省かれてますが
このミドルバラード的な曲も個人的には永遠のマスターピース。
よく呑みながら弾き語りますよ。

KEMURI.png
洋邦問わず、やっぱりスカ・パンクはええですな。
こっちの日本代表も2色LPで負けてません。

Category: 音楽・カルチャー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

合法なのに侮辱(笑)

 【17//2017】

いいですか、こんにゃくな寄付はそもそも合法なんですよ。
かごいけ
そんな合法な寄付に「侮辱だ〜〜〜!!」と、何故かムキになって民間人を証人喚問(笑)

まあ、実に笑える食いつきぶりですが
あべうらぎり2
そもそも、誰かさんがこんな180度ひっくり返る嘘をつかなきゃ
合法な寄付は「普通の寄付ですが、なにか問題でも?」
で、済んだのに

合法な寄付までムキになって「侮辱だ〜〜!!!」
と完全に否定する墓穴を掘ってて最高に笑える展開。
しかも、コレ、フェイクメールやどっかの首相夫妻と違い
野党はこのオッサンを最初から疑いはしても信用なんぞしてませんから

仮にオッサンの寄付が嘘八百だろうが、
信用して校長になったり認可した誰かさんのダメージにはなっても
野党は完全にノーダメージ(笑)

逆に「なんで合法なのに侮辱なのか?」とオッサンや野党に
質問されたらなんて答えるんでしょうね〜

ま、そもそも餌でしかない合法爆弾なんぞサクッと済まして
他にも山ほど質問しますがね(笑)

まーしかし我ら野良犬からの爆笑な合法撒き餌爆弾に
ムキになって見事なまでに食らいついたもんですが
何ら許認可権のない民間人であるオッサンを公開で吊し上げる以上。
公開指名手配

この不透明な国有地売却と私学認可へ許認可権を持つ公人2人は
もう嘘がつけない証人喚問から逃げられないですよ。

一ヶ月前はこのプロ私人がデカイ顔して校長してたんですから
スクリーンショット 2017-02-14 11
よくぞここまできたもんです。

Category: 音楽・カルチャー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

反骨の3ピースアンサンブル

 【31//2017】

急速に逆回転を始めた時代。朝、昼、夜、そして朝
何度も入れ替わる絶望と希望。
優雅な上流階級とは違うド底辺のド庶民の皆さん。
C3dYw0gUkAA1tVg.jpg
時代の寒風が吹き荒む街の底を漂ってますか?

相も変わらず肩を丸めポケットに手を入れ、この曲を爆音で聴きながら
クソッタレな街の底を彷徨っていますよ。漂ってますよ。

ey_2016_jan_t.png
新メンバーにより生まれ変わったeastern youth

しょぼくれた佇まいから一転して放たれる

唯一無二なサウンドは相変わらずライブでも圧巻
イントロ一発目のコードから始まる魂のグルーブ
吉野氏の魂の叫びに、ドラム田森氏の職人技、
そしてオーバオールがトレードマークの新加入、村岡ゆかのベースラインを聴け!

ライブでは昔から変わらないsunnとローランドJC-120
2台のトランジスタアンプから放たれる吉野氏の轟音ギターはヤマハのSG
生で聴いたことある奴ならそのソリッドで入魂な爆音の凄まじさがわかるはず。
やっぱりeastern youthのライブには真空管のアンプよりコレですよコレ。

しかし、二宮氏の抜けた穴を埋めるどころか
新たなる佇まいと入魂のグルーヴ、反骨のヴァイブスを放つ完全なるアンサンブルは
ライブでも健在で圧巻。
完全に新たなるステージへ突入しましたな。
こんな入魂のサウンド放つバンドは日本じゃそうそうないでしょ。

クソッタレな時代の街の底。人間たち。
リアルな生きてる実感を存分に噛み締められる
新生eastern youthの新しいアルバムを心待ちにして
ボトム・オブ・ザ・ワールドを潜行中であります。

Category: 音楽・カルチャー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

 【26//2017】



この季節になると聴きたくなる懐かしい曲。

クサイ歌詞といい、繊細なディレイがエエ感じのサウンドといい
今はこんな曲ありませんな。
バブル末期に一世を風靡し消えたバンドの作りこまれた曲が、
この時代になんだか沁みるわけです。

Category: 音楽・カルチャー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

PATCH THE SKY

 【14//2017】

ボブ・モールド最新のアルバムをLPで買いました。

th_CIMG4025.jpg
th_CIMG4027.jpg
曇天続きで室内は暗いですが、相変わらずなアートワークがええ感じ。
th_IMG_9581.jpg
中身も最高ですよ。
全然変わってない相変わらずなボブ・モールド節が全開。
悪天候で淀んだ日々を吹き飛ばす独特のギターポップが素晴らしいです。
前作までの緩急織り交ぜた作品群も味わい深かったですが、今回は勢いがあって
SUGAR時代を彷彿とさせる出来。

もはや円熟の域ですが、未だ原点回帰的なサウンドも出せるんですな。
ダウンロードコードもついてるので出先へもバッチリ対応。
th_CIMG4028.jpg
サウンドだけでなく、彼らしいこのさり気ないアートワークがホントに光る1枚。
前作のほうが今の季節には合ってた感じですが
これは夏にも聴けますな。

Category: 音楽・カルチャー

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フリーエリア

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

フリーエリア