FC2ブログ

イージス艦を南西諸島へ派遣する余裕があった民主党時代

さて、もはや大人の秘密基地と化してる奄美大島。
まだまだネタは過去と今を結べば満載でして、今迄書いてきたのですらほんの一部。

少し小ネタというか(そうでもないのですが)天然の良港に纏わるエピソードを

th_CIMG3254.jpg
これは以前にも書いた民主党政権時代の2011年の秋に僕が加計呂麻島へ渡航した際、
おそらく鎮西演習と連動していたと思われる自衛隊のイージス艦が
天然の良港である大島海峡へ停泊してる画像です。(フェリーから撮影)

th_CIMG3255.jpgth_CIMG3265.jpgth_CIMG3245.jpg
他に何隻か護衛艦が停泊してたこの時。
今改めて振り返ると天然の良港を活用してたのが解りますが、それだけではありません。
この頃、東日本は震災後や原発事故でバタバタしてたはずですが
そんな頃ですら西日本、とりわけ南西諸島はこんな感じで陸海共に
大規模な軍事演習を実施してたわけでして

th_CIMG3260.jpg
このイージス艦「こんごう」が大島海峡で停泊してるのは大きな意味合いを持ちます。
何しろこの「こんごう」
自衛隊のイージス艦で最初にBMD(弾道ミサイル防衛)能力を付与された艦で、
2007年に弾道ミサイル迎撃実験
こんごうJTFM-1
「ステラー・キジ」を実施しSM-3ブロック1Aによる弾道ミサイル迎撃能力を備えています。
その後は2008年に「ちょうかい」が「ステラー・ハヤブサ」で、2009年に「みょうこう」が「ステラー・ライチョウ」で、2010年には「きりしま」が「ステラー・タカ」で、BMDの能力を付与されています。
つまり、この2011年の秋に大島海峡で停泊してる「こんごう」は
ミサイル防衛上、実に実に貴重な艦。
北朝鮮のミサイルに対しイージス艦が各自交替制で
常時監視態勢を敷いてる今なら到底考えられない状況。
1e741229.png
今やそれでも追いつかず、陸上型で1000億なバカ高いコレの導入を決めた程。
これも固定目標なんで有事の際は真っ先に破壊対象なんですが、それは置いといて


今なら虎の子のBMD搭載艦を南の島へ展開させてるんですから
如何に、この頃の海上自衛隊に南西諸島へ入れ込む余裕があったか?
よく理解できると思います。

この頃は北朝鮮の米国を相手にしたミサイル実験も始まってなく、
尖閣問題も警察権の範囲内で対処しており
今考えても大問題な国家公務員であるsengoku38がビデオをリークした件で
国内世論がじわじわ右傾化してた頃。

img_8.jpeg
その翌年にはこの自称愛国者のオッサンが両国で棚上げしてた問題へわざわざ火を付け
中国へ進出した国内企業へ大規模な損害を出し、
お互いに警察権の範囲で対応してた問題をしょうもない自尊心のために
大騒動へ発展させ国益まで大きく損ねました。

挙句の果てに、この平和に過ごせた南の島の自然をぶっ壊し軍事要塞化までおっ始める
現在進行系の愚かな軍拡競争へ発展させたわけです。
いいですか、中国の軍備増強は成長に伴う自然の流れであり
対GDP比を見ても無理は一切しておらず、ここを絶対に履き違えてはいけません。
th_CIMG3360.jpg
そう、民主党政権のこの頃から根深い軍事要塞化の問題は始まっていて
イージス艦まで来てた民主党政権時代のほうが大島海峡は軍艦だらけだったのです。

で、この艦列を改めてよく見ると
th_th_CIMG3448.jpg
th_th_CIMG3447.jpg
この番号4203の訓練支援艦「てんりゅう」を確認できます。
この艦、ただの護衛艦でなく訓練支援艦。
prm1702080005-p2.jpg
Dsc_3463_m.jpg
後方からご覧の通り無人標的機を射出及び回収することができる
射撃訓練を支援する演習には実に実に重要な艦。
後方のクレーンは的になる無人機を回収するため。

特にこの「てんりゅう」は訓練支援艦の中でも
イージス艦の射撃訓練にも対応してる新しい艦でして
スクリーンショット 2018-01-11 229
この艦が停泊してるということは、この時期に間違いなくイージス艦を含めた艦隊が
どこの海域かは知りませんが、奄美周辺で射撃訓練を行っていた何よりの証拠になるのです。
その途上で停泊したのでしょう。往路か復路かは知りませんが。

南西諸島周辺には佐世保警備区の全国でもトップレベルに広大な訓練海域があるので、
やはり大島海峡は自衛隊としては使い勝手の良い寄港地。特に今のように海が荒れる季節は。

本来なら佐世保(に限らず)のイージス艦は相手にされてなく
届きもしない弾道ミサイル実験のバカバカしい監視任務なんかより、
実戦的な射撃訓練したくてウズウズしてるはずですよ。

th_CIMG3365.jpg
そういうわけで、何度も言ってますが、奄美大島は天然の要衝。
この新たな軍事要塞化は民主党政権時代やそれ以前から続いています。
今は北朝鮮へリソースを割かないといけないのでマシな程。

目先の政権が変わろうが、どうこうできる問題でなく
基本的に近視眼的な日本人の国民性も含めた根深く深刻な問題のです。
それは僕が野外活動で得た過去の事実と現在を点と線で繋げると色々見えてくるわけで、

庶民から税金巻き上げて陸上型イージスを配置し
手が空いたら、また大島海峡にやってきますよ。イージス艦が
スポンサーサイト