FC2ブログ

日本の縮図

奄美大島の政治的な重鎮と色々話して、腑に落ちた事が多かったです。
自分が住む奄美市。
その政治的な無関心の源泉というか、完全に”セメント漬け”な
(このフレーズが最高に気に入りました)
利害優先で民主主義が歪んだ背景について

その重鎮が言うには、自分の住む地区には愛郷心的なものはあるけど
合併後の奄美市という自治体の単位になると東京的というか、
余所者の集まり的な状態になり政治的な関心も分断というか分散されると

旧名瀬市の時代は別にして
奄美市へ移行してからは郷土愛的なアイデンティティを喪失し
それを今まで無理やり利害で埋めてきたのだと
だから、旧笠利町のコンクリート漬けな市長が惰性で続いてきたんだと

なるほど、ようやく自分が朧気ながら感じていた事が腑に落ちてきました。

観光だ何だと現状とは正反対の
やたら外面ばかり取り繕うのも東京的ですし、
立候補者のいない政治的な無関心も納得いきました。

とはいえ、郷土愛的なアイデンティティがある他の奄美群島も
汚いカネが飛び交う民主主義とは名ばかりの買収工作が蔓延る保徳戦争など
そういう土壌があるので、まあ色々と複雑ですが
そんな利害優先の自民党の腐敗政治が過去最高に高まる、今

党派を越えアイデンティティと民主主義が水平線上にある沖縄とは明確に
この奄美群島の民主主義が違うのも、また多角的に検証できて有意義でした。

端的にいえば、奄美市の政治的な現状は色々と日本の縮図ということです。
薄々と感じていたことが、裏事情も全て把握し確信をもって実感できました。

現状を把握する所から、全てが始まりますからね。
スポンサーサイト