ホント中国と大差ないですよ

今や戦前回帰な政権によって民主主義が完全に破壊されてますが
その最前線である沖縄やここ奄美は、ホントに中国と変わりませんよ。

いや、中国のほうが今やマシかもしれませんね。
だってあんな酷い戦争なんかしてませんし、
共産主義なのに汚職に対しても最低限度の自浄作用があります。

CIMG6462.jpgCIMG6463.jpg
そんな民主主義が破壊される南の島の現状をリサーチするのに
この元琉球朝日放送キャスター三上智恵氏の著作が役に立っています。

ココにある撮影日記も併せて読むと、本土では誤解されまくった
現在進行系で民主主義が破壊されるその現状が把握できますよ。

平和裏に抗議活動する基地反対派のリーダーを不当も不当な理由で逮捕し
その裁判では傍聴人席は遮蔽し密室で裁判。
まあこれが国策や秩序維持最優先で天安門と何ら変わらない
人権も表現の自由もへったくれもない名ばかりの民主主義国家。

自称美しい国の現状。

そんな沖縄の現状を長年取材してるキャスターなら
CIMG6444.jpg
沖縄と本土のギャップ。
それを伝えられない色んな意味で使い捨ての放送という枠に限界を感じ
自らカメラやメガホンを持ち映画という感度の高い人へ
時間軸の制限なくアーカイブできる媒体で伝えようとするのは当然でしょうし
そんな人は本当に日本の良心であり貴重な存在。

それくらい首相を筆頭に卑劣かつ陰湿に戦前回帰してる美しい国。

このTBSの佐古忠彦氏も
アメリカが最も恐れた男・カメジローの不屈、
今も 桜坂で試写会 記録映画



TBS時代のドキュメントを基にご覧のような記録映画にしています。


坂本龍一氏も音楽を担当した映画の予告編はコチラ

そんな秋葉原ですら自国民を”こんな人”呼ばわりで敵意むき出しな圧政の下
全国各地から県外ナンバーの機動隊員が集う沖縄は
今や完全に日本の天安門でありチベット自治区。
CIMG6459.jpg
そんな沖縄で民主主義や平和のために現在進行系で闘う文子おばぁや博治あにぃこそ
ノーベル平和賞に値しますよ。
(世界遺産と同じくらい嫌いですがね)
CIMG6466.jpg

まあ、しかし「中国が攻めて来る」という
歴史とは正反対の妄想国策のために沖縄は再び米軍でなく
日の丸な軍隊の占領下におかれ、米軍と同じか、それ以上に差別的扱いを受けているのです。

あの日本軍から捨て石にされた沖縄戦に比べれば
許されない米兵のレイプやヘリ墜落ですら比べものになりません。

それが米軍や中国の脅威を隠れ蓑にまた始まって
民主主義ごと歴史の針を逆回転させてるんですから、ホント中国と変わりません。

いや、今や中国に失礼かもですね。

おかげでそんな僕らはめでたく非国民。
自称愛国者に言わせりゃ中国に媚び売る(首相もなんですが)臆病者ってわけ

でもね、今度も失敗するのは勇ましい皆さんのほうですよ。
ショボい全財産賭けても保障します。
(皆さんと違って死んでも無駄に命は賭けませんが)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック