寂しい春の夜空で修行

昨夜は久々に晴れたので星を撮りにお出かけ。
th_CIMG4781.jpg
狙うはコイツ。南十字星。

th_CIMG4772.jpg
とはいえ、いくら南にある奄美大島とはいえ北半球。
沖縄ですらギリギリセーフなのに見れるとは思ってません(笑)


まあ、ものは試し。
th_CIMG4775.jpgth_CIMG4778.jpg
試しといえば、ストラップすら付けたまま撮るマヌケに最適なお手軽なポータブル赤道儀も
今回からバランスをとるプレートやらを追加し、お手軽さを維持したまま精度をアップ。
カメラを付けたまま極軸望遠鏡を覗きながら適時調整できるんで便利、便利。

th_20170428-IMG_5078.jpg
そんな春の夜空。からす座の斜め上に木星が輝いてる以外は
修行中の身にとって夏や冬や秋と比べフォトジェニックな目玉が無く寂しいものがあります。
特に望遠鏡などを使わないワタクシにとっては
th_20170428-IMG_5073.jpg
そんなわけで南十字星が昇ってくるのを誰かさんのように
祈りながら待ったんですが、うーんからす座の下に見えたのは十字の上の部分。
コレでもてっぺんが見えるだけマシ?

寂しい春の夜空ですが、からす座の台形を変形させたような形が個人別には好みです。
th_20170428-IMG_5074.jpg
そんな南十字星とは正反対な北の空には七つ星が柄杓をこぼしてました。

th_20170428-IMG_5076.jpg
東の水平線際には夏の星座が頭を出してました。
まあ、良い予行練習?になりましたし南十字星は厳しいのもわかりました。

そんな奄美大島はしばらくすると梅雨。
個人的に夜空の本番まで辛抱の日々。

それより夏の夜はサソリのような蛇が怖いですね。
蛇のいない手近な島へキャンプがてら遠征するのもアリ?

そういう意味では今のポータブル装備で良い写真が撮れるよう修行を重ねたいところ。





スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック