サブ用途に安いDJ機ゲット

これまで居間で使ってたサブ用途のターンテーブルの調子がイマイチ。
デノン製でしたが保証期間も切れてるんで、修理するか悩んでいましたが
同じ仲間だった知人宅に同じデノン製の古いDJ機があったのを思い出し
連絡してみると、今は使ってないらしくタダでゲト!
その足で産廃屋に寄り古い機材は処分してきました。
今は家電製品も捨てるのですら色々とお金かかるんでコネクションは大事ですぞ〜
th_CIMG4687.jpg
そんなわけで安いDJ機ですがサブ用途で聴くには十二分。
台湾製なんでワウ・フラッターやSNなどしょうが無い部分もありますが、
悪くはなくリスニングでも全然許容範囲内。
カートリッジもオルトフォンの安いリスニング用を使ってますが
オールジャンルで綺麗に鳴ります。古いTRIOのアンプとの相性もヨシ。


回転数も調整が大変だった前の安いベルトドライブ機種に比べ
一応はクォーツロックですしアームもユニバーサルでカートリッジ交換も普通に可能。
アームや本体の各種調整もそれなりに追い込めます。

何気に電源やフォノケーブルなどの背面入力が端子で交換できるのもヨシ。
何よりDJ機なんで立ち上がりトルクがそこそこあり
試しにスリップマットかましてスクラッチしてみるとこれもエエ感じ。
あと1台同じようなDJ機と安いDJミキサー買えば色々と遊べそう。

そうそう最近はパイオニアからも同じような安いDJ機が新品で出てるんで
若い人はそっちで入門してテクニクスやパイオニアの上位機種を買うのがベストでしょう。
リスニング用のターンテーブルの現行品はどれも値段に合わない中途半端なのが多いので・・・。
th_CIMG4674.jpg
自分もこの親父形見なヤマハ製の老兵メイン機がいつまで保つかわからないので
次はパイオニアかテクニクスのDJ機の現行上位機種を新品で買う予定。
この時代にアナログ復帰した以上、メイン機は長く安心して使いたいですからね。

そんなわけでガチで聴くにも十二分なサブ機をタダでゲットできてラッキーでした。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック