黒いトップダウン

愛国とはいえ、タダでこんなこと言うか?
安倍総理ガンバレ6
それは自称愛国者とタダ飯食ってコントロールされてる飼い犬どもこそ
誰よりも知っているコト。

ブラックアッキード。
ナメた連中2
手のひらをフル回転でひっくり返す両面黒いオセロ。
我ら野良犬の爆弾がまさに炸裂中ですが、その前に、ちょいと整理したいと思います。


その両面黒いオセロの鍵は、安倍内閣が政治主導の名の下に行った
官僚の人事権を強権的に握る内閣人事局と
大阪で維新の名の下に行われた教育規制緩和にあります。

そう、両方ともトップダウンな政治改革と聞こえはよいですが
それはあくまでトップが清廉潔白だった場合の話。

強権的な人事権を背後にトップが直接口利くことなく黒い意向を仄めかすだけで
自動的に役人間で忖度が行われるトップダウンシステム。
実際、忙しい首相のリソースが黒く集約した疑惑の3日間。

その初日を含め当該国有地を管理するトップの理財局長だった迫田英典は
安倍晋三と頻繁に会合していますし、その後、森友学園の国有地売却は黒いまま
異例も異例な奇跡的なスキームで進み、迫田も主税局からが慣例なのに
理財局から異例の国税庁トップへ栄転。

全て、上記の流れは安倍晋三が創設した内閣人事局が絡んでいます。
以前に比べ、汚職に関しても政治主導。
人事権を盾に役人が黒い忖度を図る度合いは安倍政権で遥かに増してるのです。

だからこそ安倍晋三は「関与してたら辞職」などと最初から言い切れるわけ
口利きでなく、忖度なら安倍晋三と部下へソレを促す役人トップの口頭間でのみ行われ
事後に証明のしようがないですからね(笑)

それは大阪での私学審議会でも同じ。
奇しくも松井知事が”おもんばかる”などと忖度を仄めかすような発言をしてますし
松井一郎府知事が直接関与しなくても、安倍晋三のネームバリューの下
忖度に忖度が重なり、色んな意味で不適当な学校法人なのに
無理矢理捻じ曲げ認可適当とされた可能性アリ。
公開指名手配
その背景には、上記の黒いトップダウン改革があり
我ら野良犬が私人たる籠池のオッサンでなく
国有地と私学双方の許認可権を持つ公人として公開指名手配するにこの2人には
黒い背景に繋がるちゃんとした理由があるのです。


コレが邪推で違うなら公開指名手配中の2人を
(私人であり許認可権のない籠池のオッサンだけでは何の意味もないですよ)
与党自らが嘘がつけない証人喚問し証明すればすぐ終わる話。

で、その黒い背景とは?
C5gOxHoVUAARjpc.jpg
自らの欲で歪んだ愛国的な思想を全体主義教育へ反映させるためのコネクション
日本会議などを筆頭にした冷酷な尻尾切りを平気で行う
欲と戦前回帰の野望に塗れたロビイストや愛国カルト団体。

dc5b61a4-l.jpeg
そして、自分の頭で考えない国民性を
稚拙で幼稚で自画自賛な印象操作ポピュリズムや公金投入な官製相場で煽動し
高い支持を得てその黒い背景を隠し、戦前回帰な憲法改正など
前にも失敗し今度も失敗確定な一億総活躍の黒い野望を実現するって算段なわけ。

まあ、もうバレちゃいましたが(笑)

明治以降のほんの短い戦前賛美な美しい国の自称愛国心。
思想も宗教もなき利己主義だけの幼稚な全体主義回帰。
その黒い公私混同な内実なんてそんなもんです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック