2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

救い難き幼稚な愛国カルト

 【28//2017】

明治維新以降の薩長体制は英雄でも何でもなく、利害が全ての思想無き全体主義カルトである。
このハード・コアなニートが以前から明言してたコレ
嘘だと思ってましたか?
安倍総理ガンバレ6
コレ、紛れもない現実ですよ(笑)
21世紀の今でも為政者の個人崇拝。

アベノミクスと壮大に自称する自己顕示丸出しな夫婦が必死に尻尾切りしてますが
しつこい17
信じて尽くした仲間すらも保身のために切り捨てるその姿こそ

スクリーンショット 2017-あべ
まさに身内すらVXで冷酷に切り捨てるこの国と同じ。
この状況を思想哲学の源泉からじっくり思索しながら
利害以外何もない日本人とは何か?それを壮大に解説し総括するつもりでしたが
運動会
キモいキモい宣誓だけでなく運動会の競技ですら薩長愛国カルトと北朝鮮カルトは
説明要らずで現実があっという間に追い付くんだから、ラクでいいですな(笑)

北朝鮮と自分たちは違うと思ってましたか?
民主主義の先進国だからあり得ないと思ってましたか?

上のは全て21世紀の現実ですよ。
それも高い支持率の政権が産んだね。

今の平和で自由な人権が保障された現代の日本を作ったのは
何度も言うように日本人じゃなくマッカーサーですよ。

主体的な日本人なんてチョンマゲや刀無き明治維新以降はいません。
(それ以前もあやふやですが)
近代化と損得勘定以外、思想がまるでないのですから
だから壮大な自画自賛の果てにこういう幼稚な体制を生むのです。

思想というのは果てしなき自問自答と思索の先に獲得するもの
スクリーンショット 2017-02-28 1
日本人なんて中身は実に幼稚園。
コレ現実の正規軍募集ですよ。
世界でこんな国ありませんし、北朝鮮より幼稚園かもしれません。
コレに違和感を抱くか?抱かないかで、
ある程度は文字通り思想的成熟度の”踏み絵”ができるでしょう。

利害以外に思想も無く倫理も何もない
実に幼稚であやふやな日本人という存在を今こそ徹底的に自覚することです。

「自分にも生活があるから」と
世界一盲目的に大人しく従いその一億人の利害で産んだのが
2発も原爆を落とされ自爆した大日本帝国や安倍晋三というモンスター。

ナチス・ドイツのように全体主義の母体は民主主義である場合も多いですから
現代人だからなんて安易な楽観はなんの歯止めにもなりませんよ。
あの戦後でも軍歌から数日でジャズを聴いた国民性。
逆も普通に有り得ますし現実は上記の通り

人権や自由などの高度な思想的概念でなく
利害で従わせる全体主義とは実に実に簡単な体制です。
ニッポン民族です
思想教育などと大層なこと言ってますが、全体主義カルトに思想なんかありません。
だから幼児から始められるのです。
主体的な自分がまるで無く観念的に”ニッポン人”やら”長州人”やら”教育勅語”など
抽象的で過去や外から借りてきた呼称や教義を盲目的に唱えれば十二分なんですから。

明治維新以後なんか特に顕著です。
近代化とは、思想より完全に利害ですから
ステルス機か?旧世代機か?タイムラグの差くらいなもんで
似たような全体主義の北朝鮮や共産主義の中国でも後追いできます。

黒船という外圧により
一足先にアジアで産業開化した明治維新以後の日本人が何をやりました?

学問のすゝめ
ですよ(笑)

それでも結局生まれたのが思想なく大失敗した大日本帝国な全体主義モンスター。
大正デモクラシーの時は多少マシでしたが、
現人神な天皇を中心に据え、国民は何も考えない
維新
薩長や自称維新。その利害を最優先し
暴走する思想なき日本人は今も昔も変わらないのです。

自分で言うのもなんですが、ここまで本質的に考えてる日本人は少ないでしょうな。
それだけ利害で縛られ思想が皆無なのです。

だから未だ民族血統主義なんて思想がまるで必要ない主義へ固執するのです。
幼稚なヘイトやレッテル貼りもね。
そこが同じ島国でも自問した英国とは違う点ですね。
何から何までブラックな連中をマトモに相手にしてたら
働こうが戦おうが命が何個あっても足りませんよ。

そんなわけで、こんなモンスターの暴走なんか想定の範囲内も範囲内です。
共謀罪を始めとした彼らの幼稚園な思想弾圧も全く恐れてません。

だって失敗が100%保障された前科者相手に何を恐れる必要がありますか?
黙ってても人権や自由や平和という
トランプですら希求する思想的な価値観を弾圧する彼らの負けは
一億総活躍でも100%確定してるのですから

むしろ名誉なくらいで、手ぐすね引いて待ってるくらい。
世界を味方に前科者を容赦なく退治できるというもの。

何しろドイツやイタリアと違い、コレで2回目ですからね。

だから日本の現状に期待も何もしていません。
どんな政治体制になろうとね。
この思想的な主体生が無い基本条件が不変な以上は期待するだけ無駄。

ただ自分で考えて自分にできることを粛々とやるだけ。
そういう意味では今度も真っ黒な名誉校長先生以上に名誉ある非国民。
好きでこの国に生まれたわけじゃないですが、
嫌なら出て行け!なんて自浄作用の無さを幼稚に自白する気もないですし

腐った果てに肥やしもできるというもの。

まあ、今度も暴走と腐敗の果てに壮大な被害はあるでしょうが
100%勝ちが保証された撤退戦。

あとはその程度問題です。

スポンサーサイト

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

フリーエリア

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

フリーエリア