国民を食い殺す失敗者の血統

徳川300年の太平を破り
300万の戦死者を出し国家神道という全体主義カルトで
国民を思想教育し自爆させた明治以降の薩長。

そしてまた70年の平和と憲法を独自解釈で無視し
海外にまで兵を送り大成功してる憲法まで都合良く変えようとしてる
天皇陛下も参拝しない政治利用カルトを崇拝する薩長の末裔
img_2584c1b16c9e1c2a8e521211efb731ac1695994.jpg

安倍晋三。

天皇陛下を政治利用し、国民を戦乱で殺し、食い物にして
薩長末裔やその取り巻きである特権階級の私腹を肥やす。
そして、一般国民(自浄作用が働かず食い物にされる自業自得)や
国家を困窮の果てに破滅へ追いやる。

そんな失敗した歴史へ回帰する失敗が保証された失敗者エリート。
底の浅い歴史や伝統を誇る自称愛国者が脅し文句で語るのは、
いつも海外の脅威や自衛。

失敗した血統の自尊心を満たし私腹を肥やすために
十二分に自衛できた70年の実績がある憲法を都合良く変え
再び一億総活躍な全体主義に向けて、脅威やカルトを利用するのです。

時はまさに軍拡競争の内向き時代。

だからこそ、あの戦争で侵略者は中国や朝鮮半島ではなく日本だった。
その壮大に失敗した歴史的な事実を絶対に忘れないことです。

成功したいならね。もう遅いかもですが・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック