2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

西古見野宿旅(写真編)

 【17//2017】

さて、野宿旅の副目的である写真。
20170215162848323.jpg
野営後にご覧の通り観光地化された観測所跡で撮影。
以前はただの原野だったので利便性や安全性は上がったのかもしれないですが
街灯なども付いてて久しぶりに訪れて個人的にはチト残念でした。

しかしその眺望は相変わらず。冬でも絶景が楽しめました。
タイムラプスは修行中なんでまだまだ色々とテキトーなのをご容赦。
時間帯が押して夕暮れ時だったので露出は無論ですが、
やはり遠征先での回転方向での水平出しがかなりシビア
(静止画ならハードもソフトも楽勝なのに)
このへんは今後の課題ですね。良い修行になりました。

逆光の先の水平線にうっすら徳之島が見えるのがわかるでしょうか?
th_20170215-IMG_5433.jpg
帰り際に美しい光が拝めました。

th_20170215-IMG_5450.jpg
さて、レアなカノープス撮影ですが狙い通り野営地真正面低空の空に輝いたのですが
ソフトフィルターを忘れる失態。
星撮り用のポータブル赤道儀を入れたカメラバッグに入れており
今回は荷物を減らすため普段用のバッグだけ持ち出したのが災い。
固定でも星座を把握しやすいソフトフィルターは必須なんで、これも反省材料。

th_20170215-IMG_5512.jpg
全天で1番目に明るい星シリウスの遥か低空に輝く、2番目に明るい星カノープスのコラボ
ソフトフィルターが無くとも、こうやって縦構図にすれば
長寿星とも呼ばれるそのレア度がわかりますでしょ?

低空こそ霞や大気の影響でわずかに赤く被りますが
際まで暗い実に貴重な西古見の夜空。その素晴らしさよ永遠なれ
th_th_日周運動カノープス
こうなりゃ、せっかくなんで南極老人星。そのぐるぐる日周運動を撮りましたよ。
こんなカノープスの下の低空まで撮れるのは、秘境の西古見なればこそ
ソフトフィルターが無かったからこそ撮れたある意味レアショット?
一期一会の臨機応変。

th_バイク日周運動
相棒越しで撮った冬の大三角の軌跡
最後は月が昇りチト明るくウルサイ感じですが、わかりますかな?

せっかくなんでわかりやすいよう
タイムラプスとスタートレイルで動画にしました。
その日周運動が把握できると思います。

しかしソフトフィルターが無いと月が出るまで星の数が半端ないです。
さすが西古見恐るべし。

ちなみに同じく奇跡的に晴れた翌日の昨夜。
奄美大島は龍郷町の山上から撮ったカノープス。
th_20170216-IMG_5662.jpg
際の低空は光害で台無し
奄美大島も北部になると星空なんてこんなもんです。
自分の住む名瀬市街地はもっと酷い。
しかしソフトフィルターがあるとわかりやすいですな〜

そんなお楽しみは次にとっておきましょう。
カノープスは毎年冬の季節モノで逃げないですから。

そうそう

th_20170216-IMG_5681.jpg
昨日書いた通り北部でも南天の低空が暗く赤道儀に必要な北極星も見える貴重な場所を発見し
長寿星を待ち粘ったんですが、ご覧の通りカノープスの部分だけ雲、雲、雲
ちなみにシリウスが強烈に輝く上空は長時間晴れてました。
(エエ感じに飛行機が撮れたんでヨシ?)

沖縄や奄美などの南国はカノープスの高度が高くなって観望に有利なんですが
南の島の冬場は曇天率日本トップレベル
その長寿星の貴重さがわかるでしょう。


同じ場所から北東にある喜界島上空はかなり低空まで星が見えたんですけどね。
世の中うまくいかないもんで、さすが昔からの言い伝えを実感。

そんなこんなで、こっちもトライアンドエラーで修行あるのみです。
スポンサーサイト

Category: デジイチ入門

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

フリーエリア

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

フリーエリア