ロボ殺し万年暴走デブリ

地獄の釜の底に沈んだ行方知れずの核燃料デブリ

福島2号機、格納容器内650シーベルト?
作業中断


スクリーンショット 2017-02-10 9
その線量は人間は即死
ロボすら殺す推定650シーベルト

ココにある東電ちゃんの最新版アンダー・コントロール表によると
スクリーンショット 2017-02-10 1678787
ご覧の通り資料による2号機格納容器内の線量は
どうやら毎時最大約73シーベルト

しかし今回の線量はそのざっと9倍でロボ殺し
累積で1000シーベルト(瞬間最大でなく累積でっせ)までしか耐えられないロボカメラ
つまり、毎時100シーベルト程度なら、まあ10時間程は偵察やら累積で作業できますが
毎時600シーベルトなら2時間足らずでおっ死ぬ計算で
今回の数字もロボカメラの画面がガチで暗くなってご臨終
3時間早めに作業中断した現実から逆算した推定値。

要するに、計器やセンサーにより計測された数字でなくガチでロボが死んだ
その耐久力からの逆算値。

現実にはまだまだ高い可能性もあるわけで
(ロボカメラが死んだ現実からの推定な以上、低い可能性はない)
しかもコレ、まだまだドロドロ溶け落ちて
未だ未発見な燃料デブリから離れた場所での線量ですからね。

もはや未発見なデブリ本体が更に高線量なのは素人でもわかります。

スクリーンショット 2017-02-10 1789787
この見難いアンダー・コントロール表(クリックせよ)によると
暴走中の燃料デブリの取り出しは、その工法すら決まっていません。

当たり前です。重さ100トン以上はある燃料デブリの場所もわからん上に
ロボ殺しな線量が出てるのですから工法もクソもありません。
しかもコレが3基分ありますからね。
マッタク何を根拠にしてるのか不明なこの表はワタクシの夏休み予定表でしょうか?
それとも大本営の作戦マップか?

今は国民の税金でじゃんじゃん水撒いて土凍らして
アンダー・コントロールなフリしてるだけ。
万年単位のスタミナを持つロボ殺し燃料デブリでも
再臨界などの核反応はなく(そうなったらに東日本は終わりですが)崩壊熱と高線量だけで
太陽と同じく近づかなければ、とりあえず死にはしませんし
じゃんじゃん有限な国費投入しながら時限的に誤魔化せば、
カネと時間がある限り首都もメンツも安泰
「自分らさえ良ければ後は知らん」と刹那的に五輪も開催できます。

アンダー・コントロールというのは運転中の原子炉のように制御棒で
核反応を止めるも動かすも自由自在な状況でのみ言えること。

ロボ殺しで行方知れずな暴走デブリ相手に
有限な国家財政の力技で水撒いて誤魔化してる状況を言うのではありません。

来年の上半期までに取り出す工法を決めるらしいですが
このロボ殺しな状況をどうコントロールするのか?
美しい国の技術力の見せ所で実に見ものであります。

ロボすら殺す万年暴走デブリ。
このままいけば、その汚染水処理の物理的な限界も
まさしく湯水の如く消費する国家財政の限界も必ず訪れ

自称美しい国が万年暴走デブリに100%負けるのは確実。

以前も言った通り、ジワジワゆっくりと絞め殺されるというだけ。
相変わらず国内マスコミはアンダー・コントロールして報道すらしてませんがね。

そんな悲観的な予想が外れて欲しいところですが、誰かさんと違い一切楽観はしてません。

何と言っても野党の指摘も無視して自民党政権が散々楽観した結果がコレ。

サヴァイヴしたければ、呑気に売国接待ゴルフで楽観する時代の空気でなく
自称美しい国の歴史と民族性に学ぶことです。








スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック