反骨の3ピースアンサンブル

急速に逆回転を始めた時代。朝、昼、夜、そして朝
何度も入れ替わる絶望と希望。
優雅な上流階級とは違うド底辺のド庶民の皆さん。
C3dYw0gUkAA1tVg.jpg
時代の寒風が吹き荒む街の底を漂ってますか?

相も変わらず肩を丸めポケットに手を入れ、この曲を爆音で聴きながら
クソッタレな街の底を彷徨っていますよ。漂ってますよ。

ey_2016_jan_t.png
新メンバーにより生まれ変わったeastern youth

しょぼくれた佇まいから一転して放たれる

唯一無二なサウンドは相変わらずライブでも圧巻
イントロ一発目のコードから始まる魂のグルーブ
吉野氏の魂の叫びに、ドラム田森氏の職人技、
そしてオーバオールがトレードマークの新加入、村岡ゆかのベースラインを聴け!

ライブでは昔から変わらないsunnとローランドJC-120
2台のトランジスタアンプから放たれる吉野氏の轟音ギターはヤマハのSG
生で聴いたことある奴ならそのソリッドで入魂な爆音の凄まじさがわかるはず。
やっぱりeastern youthのライブには真空管のアンプよりコレですよコレ。

しかし、二宮氏の抜けた穴を埋めるどころか
新たなる佇まいと入魂のグルーヴ、反骨のヴァイブスを放つ完全なるアンサンブルは
ライブでも健在で圧巻。
完全に新たなるステージへ突入しましたな。
こんな入魂のサウンド放つバンドは日本じゃそうそうないでしょ。

クソッタレな時代の街の底。人間たち。
リアルな生きてる実感を存分に噛み締められる
新生eastern youthの新しいアルバムを心待ちにして
ボトム・オブ・ザ・ワールドを潜行中であります。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック