2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

星空も修行あるのみ

 【29//2017】

デジイチ初心者。相変わらず星空も修行中
th_20170126-IMG_2722-2.jpg
例によってソフトフィルターで撮る冬の大三角と冬の天の川
まあ、コンポジットを覚えてない初心者の撮って出しはこの辺が限界。

th_20170126-IMG_2718.jpg
ちなみに同じ画角におけるソフトフィルター無しの撮って出しはコチラ
シャープではありますが、実に実にショボくて味気ないですなあ(笑)
比べるとソフトフィルターの滲み出る宝石箱効果がよくわかると思います。
画角がワイドな星景における星座の強調やふんわりメルヘン感の演出には有効のよう。

ですが、ソフトフィルターは粗く滲ませ星座の形をわかりやすくするのが主目的
シャープな画像の方こそ星景でも王道で
何枚も重ねてコンポジットすれば俄然シャープでカラフルな美しさになるはず
今年の目標はそれですが、ソフトの選定などMac環境がメインの自分には
まだまだPC側による画像処理環境が整っておりません。追々ですな。

th_20170126-IMG_2744.jpg
オリオン座の縦横三ツ星
ポータブル赤道儀とノーマルのEOSキッスx7i
キットレンズによる撮って出しもショボくてコレが限界でしょう。
(赤い散光星雲が赤カブリに見えてしまうのが悲しとこ)
これもカメラを赤い星雲が更に写りやすくするようにカメラの内蔵フィルター改造して
コンポジット等すれば実にカラフルな散光星雲が炙りだされるハズ

星景でオリオンの美しいバーナードループを炙り出す。来年冬までの目標ですな。

th_20170126-IMG_2758.jpg
キットレンズ撮って出しでも、かろうじて馬頭星雲らしきものも写ります。
星空の環境的には悪くないので、兎にも角にも機材と技術の充実あるのみ。

ただ、星空用にカメラを改造等に出すと普通の写真も赤カブリしますし
メーカーの保障は使えません。
そのために改造前提で安い入門機を買って
中級機への修行のステップとして踏んでるんですがね。
(次は大きさも丁度良い80Dの予定)

その前に星像が乱れないような追尾精度と露出を稼げるオートガイダーが欲しいです。
望遠は個人的に今のところメインではないですが
星景等でも更に絞ってシャープにできるんでレンズ買うとかより費用対効果は高そうな予感。

th_IMG_3068.jpg
前景に季節の花を添えるとエエ感じ
コレも単純なようですが、結構修行が要りそう。
th_20170128-IMG_2958.jpg
なぜなら、前景の照らし具合や露出の選定などで色が被ったり
かなり印象が変わる(コレは照らし過ぎで失敗)ので意外とノウハウが要るのです。
(最大に必要なのは根気ですが(笑))
th_20170128-IMG_2963.jpg
淡く幻想的にライトアップできるような照明も100均製品で自作しようと目論見中


th_夜桜比較明合成
北天と夜桜。もっと軌跡を延ばしたかったのですが
曇天で中断。
やや軌跡が賑やか過ぎるんでソフトフィルターで間引くか露出を抑えると良さ気。
しかし山中でも前景が前提なら悪くないですな。
今後は積極的に固定撮影のロケーションも探りたいところ

th_あかさき比較明合成
固定撮影による軌跡なら市街地でもいけますからね。
まあ、こうならないように軌跡を伸ばせる晴天前提ですが。。。(笑)
雲に阻まれた失敗カットながら流星が写ったのでヨシとしましょう。

しかし、星のレコード盤が途切れないように晴れてくれ〜

th_IMG_2813.jpg
今は宵の明星が高くて明るいです。

ソフトフィルターで写すと・・
th_IMG_2899.jpg
コレは前景のライトアップから露出までやり過ぎですね(笑)
完全にお月様状態。

そんなわけで、季節の移ろいの中
星空もよちよち歩きなトライ・アンド・エラーで修行あるのみです。

スポンサーサイト

Category: デジイチ入門

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

フリーエリア

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

フリーエリア