しつこいと35%返し食らうよ

新大統領から速攻で完全なるNOを突きつけられたのに
安倍マリオは未練たらたらでTPPの重要性を訴えかけるようです(笑)
2015-10-13-1444716052-9056458-151012TPP.jpg
公約を180度翻す自分らとトランプ新大統領が同じとでも思ってるんでしょうか?

まるで商談でヘマやらかして、破談したのに取引先の社長へしつこく縋り付く
アホな営業マンそのものですが
th_CIMG4035.jpgth_CIMG4036.jpg
今度もセコい貢物なんて通用しませんよ。
美しい国のセコいレクサス大臣とは違うのです。
金は腐るほどあるんですから、トランプが何にプライオリティを置いてるか?
美しい国の安倍マリオは、そんな基本的な分析すらできてないようですな(笑)

そんな世論調査すら気にしない新大統領のコアな政策であるアメリカファーストに
「この道しか無いっ!!!」と、真正面から喧嘩売るとは良い度胸ですが
代わりに公平な二国間
TPP後の二国間交渉は完全に厳しい条件を付きつけられるでしょうな。
時代は完全に変わったのです。
アメリカファーストに歯向かう小賢しい犬の退治は、約束した支持者向けに最高のパフォーマンス。
スクリーンショット 2017-01-22 1223
中国やメキシコより先にBダッシュな揉み手で飛び込んで来るんだから
ドナルド・トランプ氏「日本車の関税を2.5%→38%に」
大幅な引き上げを主張

まあ、アメリカファーストに喧嘩売る間抜けな犬は返り討ち
35倍返しの条件を突きつけらる可能性も大いに有り得るでしょう。

調子に乗せて叩き落とすのは基本戦略ですし
目の敵である日本車等を叩き潰す大義名分を向こうから売りに来るんだから
飛んで火に入るなんとやら

そんなアメリカファーストは公平ですよ(笑)
全てに自国第一
トランプ氏「国外移転なら関税35%」
 企業に改めて警告

トランプステーキな米国牛肉に38%関税かけてる美しい国は
3%まけてもらえるかどーか知りませんが、35%というのはアメリカファーストの基準点。

美しい国がコメにかけてた778%の関税なんて知った日には(知ってるかもよ〜)
35%で済めばマシなほうでしょう。

高い関税でも米国で生産すれば済む話ですからね。
自動車業界、米に投資へ=ゴーン日産社長
賢く柔軟性のある経営者は早くも修正して舵を切ってます。

そんな中、未だグローバルな自由貿易にしつこく固執し
自国優先な大統領へ安倍マリオは真正面から喧嘩売るんですから見ものですな。

「自国の労働者すらも大事にできない奴が何の交渉に来た?」

と、言われなきゃ良いのですが(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック