邪魔なレジ要らね

ようやくディープラーニングより大きなブレイクスルーが来そうですな。


口ではグローバルと言いながら、客にも労働者にも極めてストレスフルで
ガラパゴスなマニュアル接客対応のレジと
乱立する電子マネー決済が支配する美しい国では考えられないレジ無し小売システム

いよいよ巨人アマゾンによって先行学習がスタート
高度なセンサーと深層学習なAIによって劇的に小売システムが変わりそうな予感。

客の利便性的にも経営の人件費的にも
完全にボトルネックだったレジを自己学習AIにおまかせ。

スマホに次ぐ久しぶりのイノベーションともいえる
このノウハウを先行学習したら最強でしょう。
利便性と低価格を売りにして、小規模店を淘汰し大規模な展開を見せてきた小売業界
いよいよ新しい淘汰の波が来そうです。

今度は自己学習AI
その頭の良さと精度の勝負なんで厳しいですぞ〜
アメリカファーストでディープラーニングな時代。

グローバルに淘汰されるのはガラパゴスに大規模展開した小売で、
田舎の個人商店のほうが生き残ってそうですな(笑)

だって、レジで急かすせっかちな日本人こそ最適なシステムでしょう?

アマゾンオリジナルでQRやバーコードやICタグもない商品出せば
他店では卸すことも不可能。
他店で流通してる既存商品は一括AI認識でレジ無しで流通可能。
将来的には製造元まで変えるかもですね。

ガラパゴスに拒否してもアマゾンゴーも使えない不便な国か
と、グローバルに言われるだけ
今後の展開が見ものですね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック