2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

火星移住

 【13//2016】

さてさて、連日書いてるトランプによる新孤立主義時代や
この前書いた資本主義の先にある環境破壊時代に大いに関係あるのがコレ
th_CIMG3673.jpg

今週15日からスカパー6チャンネル合同で

この火星移住をテーマにした新番組が始まりますが、雑誌等で予習中。

th_CIMG3670.jpgth_CIMG3675 (1)
こんな感じで今月のナショジオは特大の付録も付いてるんでお得でっせ。
火星移住を夢見る良い子は火星地図を壁に貼ろう。

そんな火星移住計画
th_CIMG3664 (2)th_CIMG3665.jpg
今や連日書いてる通り行き過ぎた新自由主義やグローバリズムによって
儲けても儲けても富の偏在により、NASAは予算不足で宇宙開発は民間ベンチャー頼り。

そんな中、先頭に立つのが
th_CIMG3658 (3)th_CIMG3659 (2)
イーロン・マスク率いるスペースX社
再生可能エネルギーなどの分野でも先頭に立つ彼は
先が見えてビジョンのある数少ない経営者。

環境破壊などを無視した資本主義の先に何があるか?
当然、地球の破滅。
th_CIMG3660 (2)th_CIMG3661 (2)
先が見える人間ほど、そうなるでしょうな。
強欲な資本主義に固執するホリエモンらと同じビジネスマンでも
ベクトルやスケールやビジョンや実力がまるで違います。

th_CIMG3662 (2)
トランプのような指導者の先、新自由主義、新孤立主義に関わらず
この全てが有限な惑星上で資本主義が野放図に拡大すれば
必ず新しいノアの方舟を模索するのは自明の理。

そして彼のスペースX社は

再利用可能なロケット開発にも成功しています。


この単に打ちっ放しでロケットを上げるだけでなく、
切り離したブースターが再び海上の小さいドローンシップへ精緻に帰還する技術。
さすが向こうのベンチャーはレベルが違いますな。

宇宙開発の低コスト化は無論。
完全に火星移住を見据えた技術で、地球やステーションとの往復やら
(勿論、大気圏再突入へ使用するには耐熱処理も要りますが)
月やその先にある火星移住にも応用できます。

火星移住計画
現状、地球からダイレクトに片道移住する計画が最も技術的なハードルが低く
NASAなどはその方向がメインのようですが、個人的には片道移住は非現実的だと思います。

技術的な面でなく人間が他惑星で自律文明を構築する哲学的、思想的、政治的な面で
それを考えると、イーロン・マスクのロケットは往復して徐々に移住計画を構築するのに役立つわけで
重力が4/3で大気は薄いですが火星に応用するのはそんなに難しくないでしょう。

往復時に再利用可能なロケット技術は
地球や軌道上のステーションとの往復など必須ですからね。

往復の手段を確保しておけば精神的な負担も減りますし
必ず野心やそれに伴う争いが起こる人間の性質上、共同体を長く安全に構築する上でも
人員交代は色んな面でリスクが下がります。
(今の世界を見れば明らか)
火星では一人がテロ的な行為をしただけで、いとも簡単に共同体を破壊できるのですから

本来なら月に基地を作り、そこをベースにして移住計画をすすめるのが
隔絶された新天地で長期間現地調達により基地や文明を建設する試験台にもなりますし
最も現実的だと思うのですが、今のスペースシャトルすら飛ばせない予算的には非現実的。

だから現状は片道や往復に関わらずNASAなどもダイレクト移住を計画してるんでしょうが
th_CIMG3676.jpg
火星に移住船を射出&帰還できるタイミングは2年に1度と限られ
その長期間に渡る移動による体力消耗も未知数ですし
(毎日運動するISSへ長期滞在しても人間は帰還時にフラフラ)
そこから更に屋外では常時スーツ必須な過酷な環境で
現地調達により基地を構築するんですから相当にハード

なので、個人的には月で色々とデータやノウハウを蓄積した後に
火星移住するのがベターだと思うのですが、案外、ステーションすらない米国よりも
新興著しい中国あたりがその辺やってくる可能性もあるかもですね。

何れにせよ、長い目で見ると
色んな意味で火星移住はカウントダウンに入ってきたと思われます。

無論、我らが死んだ後の話ですが
スポンサーサイト

Category: 映画・テレビ・書籍

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

フリーエリア

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

フリーエリア