新機軸も修行あるのみ

th_CIMG3363.jpg
デジイチ修行中の身。タイムラプス撮影の新たなツールとして
こちらの電動回転雲台を導入。

th_CIMG3365.jpg
同様の商品としてより安価なキッチンタイマー式なのもありますが
コイツは電動なんで角度や回転方向や時間も変更できるので色々と便利。
説明文は英語ですが使い方は超カンタン。


で、どんな効果があるかというとこんな感じ。
今まで固定アングルだったタイムラプスにアナログな回転運動が加わり
文字通り撮影の幅が拡がります。


ただ、まだこの新機軸なツールは慣熟中。
秋風でブレたりと、まだまだ修行あるのみ。
(物理的なパノラマ回転となると水準器による水平出しもシビアになります)

こうなりゃ1日で数千回もシャッターを切るカメラも完全に消耗品。
だから軽くて持ち運びも便利ながら
色々とできることも多い入門用のコイツを買ったんですけどね(笑)
我ながら現状ベストな選択ですよ。

とはいえ、設定ミスから色かぶりをしたり
(現像ソフトでの修正がタイヘンだった)
まだまだ入門野郎にはヘッポコ機材がお似合い。

面倒くさいですが、兎にも角にもトライ・アンド・エラーを
繰り返さないことには何も始まりません。
現状できる限りの対策をしながら自然現象という素材を撮り溜めつつ慣熟を深め
撮影術やら色々と磨いていきたいところであります。

勿論、趣味なんで楽しみながら。


腕が上がったらスチール専用の上位カメラや三脚など
徐々に機材のグレードアップを図りたいですね。

しかし南の島も太陽が低くなるにつれ、空や緑が色褪せてきました。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック