2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

 【11//2016】

さて、長らく間が空いたハード・コアなニートによる思索。
この自国最優先な思考無き時代における、真の意味での人間性の回復作業ともいえる
面倒くさい作業をば再開したいと思いますが

前回までは、哲学、宗教、ときて、第3ステージである政治思想の序章
そこまでいきましたが、その原始的な人治主義から
いよいよ近代的な政治思想を、例によってサラッと遡上していきたいと思います。

原始的な共同体から徴税により運営される近代的な国家へ成長した人間社会。
ほんのアウトラインでもそれに至る基本的な流れを頭に入れておくと、
立法府の長なんてのたまう首相のデタラメさも即座に看破できますよ。

CIMG0924.jpg
これが近代的な政治思想の大まかな流れ、フロー図ですが、
マキャヴェリの名を使ったマキャヴェリズムから始まる近代政治思想。

そのマキャヴェリズムですら「目的のためには手段を選ばない」
という非道徳を肯定するかのような俗説がまかり通っておりまして
坂口安吾の堕落論もそうですが、
そんな俗説はエゴにまみれた非理性的な自己肯定に都合良く使われるものです。

CIMG0925.jpg
マキャベリのマキャヴェリズムも理性を否定したものでは一切なく
宗教的なタブーに縛られ、行き過ぎた封建的な政治体制に対する理性的なカウンター。
それはウィルトゥとフォルトゥナという2つの概念で説明されていて
例によって割愛しますが、倫理に縛られて硬直化するより政治的に役立つのであれば、
欺瞞や裏切りや賄賂等、倫理的には不道徳とされる行為ですらも使用可である。

と、あくまでも理性的に定義したわけで

早い話、宗教や倫理に縛られ硬直化していた政治というシロモノを
解放し、独自の分野として開拓する基礎を作ったのがマキャヴェリとマキャヴェリズムなのです。

そんなわけでイタリアどころか
現代ですら曲解した俗説が未だにまかり通るマキャヴェリズムは早すぎた政治思想でした。

16世紀のルネサンス期になると欧州ではカトリックとプロテスタントによる死闘が起こり
その果てに、ようやく主権国家という近代的な政治的概念や、
思想の諸派が誕生していくことになります。

その象徴的な言葉が、アンリ4世による「パリはミサに値する」
(フランス国王になれば、カトリックに改宗するのはお安い御用さ)

つまり、それまで一体化していた政治と宗教が、ここでようやく思想的に分離された次第。
それを定義付けしたのがジャン・ボーダンの「国家論」
法と王権を上に置いた中世的な国家概念に対し、国家主権を絶対とする近代的な政治思想が提示され
その政治思想的なカウンターは、後にその深度を深めていくことになります。

さて国家主権という対内的な政治概念が定義されると、
対外的な国家間の政治概念も思想的に再定義する必要になるわけでして

CIMG0926.jpg
それは海洋覇権を巡り利害関係が対立したスペインとオランダという
海洋国家間によって生まれ、
グロティウスにより「海洋自由論」や「国際法」という概念によって定義されます。

その概念は21世紀の今も近代的な政治思想概念の一つとして
国際的に定着してるのはご存知のとおり。
(最近は中国やフィリピンが反故にしてますが・・・)

とにかく15〜18世紀の西欧は激動の時代でして
手工業が産業革命により資本主義経済に転換したり凄まじい没落と隆起があり
政治思想もその歴史の荒波の中で揉まれていきます。

その波は島国のイギリスにも波及し、産業革命と資本主義経済が爆発すると
新たな利害対立が生まれ、新たな政治思想も萌芽。

前述の通り、中世欧州では政治思想は宗教とは不可分。
主権は王にあり、その裏付けに宗教を利用していました。

王権は神から授かったものであり、(現人神な美しい国と似てますな)不可侵。
王権神授説と呼ばれますが
そんな不可侵な王権と産業革命により隆起した資本家との間に
新たな対立関係が勃発していくわけで、ピューリタン革命など小競り合いが発生。

そして、いよいよ政治思想的なカウンターとして
ホッブスにより近代的な政治思想の具体的な基礎となる「社会契約説」が提示されます。
CIMG0927.jpg

自然状態→社会契約→主権国家
と、構成されるそれは

人間は生まれ持って何をしてもよい権利を持つが
それを放置しておくと「万人の万人による闘争」というアナーキーな状態になるんで
(この辺は米国の大人気ゾンビドラマやマッドマックスなどでも描かれてますな)
各人がその自分自身を統治する権利を特定の人物か集団に譲渡する。
【ただしその契約は各人が受ける利益が平等であるというのが大前提】

という、社会契約とそれに伴う国家主権を定義。

ホッブスのそれは明らかに王権神授説に替わって
主権の由来を説明した王権政治思想でして
その政治思想的な深度を深めていくカウンターもまた発生。
th_CIMG0928.jpg
それがジョン・ロックの「統治論」で説明される新たな社会契約説。
国教会側で王権神授説に替わり説明したホッブスに対し
ピューリタン側に立って社会契約を説いたのがロックの「統治論」
政治権力の目的を”公共の福祉”に置くそれですが

ホッブスの言う通り人間はその欲望を追求するけど
同時に他人の生命、財産、自由を侵害してはならない。
という「自然法」をも守っていると定義。

では何故?人間はオオカミ状態から自然法を守るようになったのか?

それは労働による私有財産の発展と貨幣の発明により
自己が利用し得る以上の所有権を
人間同士互いに承認し合う不平等な合意形成ができた。と、説明

つまり、貨幣による不平等な合意形成を
社会契約によって歯止めをかけ適正な状態へ是正しようとした次第。

我が国の憲法も勿論そうですが
この社会契約のプロセスが民主主義も含め、
後の近代的な政治思想の基本となっていきます。

そんな社会契約説に対する嘲笑的カウンターもまた発生。
CIMG0929.jpg
社会契約説を完全にフィクションと嘲笑ったヒュームの人間性説
ご覧の通り理的な観念でなく、習慣という感覚を最重視するそれは
カウンターにしてはアバウト過ぎるシロモノでして
まあ、こんな感じで実にざっくりと説明するだけでも面倒くさいのが近代的な政治思想。


そのアウトラインはまだまだ深度を深めていくわけで
今回はここまで

ね、この人間社会には不可欠な”主権”を生むプロセスを全て自国で踏んだ国と
黒船やGHQにより経た国では色々と思考の深度も違うわけで
今や首相自体が、浅い思考深度しか航行できない美しい国。

次回以降も我ら少数派は、
その面倒くさい思考の深度を深めていきたいところですな。


スポンサーサイト

Category: ハードコア・ニート

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

フリーエリア

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

フリーエリア