今夜はエエ感じの天気なんで、デジイチ入門の身。
色々と撮影しながら練習

とりあえず名瀬市内を見下ろす夜景を撮る予定でしたが
th_IMG_1079.jpg
流れる船や市内の明かりはまあまあですがISO感度を間違え
空の感じが暗くて個人的にイマイチ
この辺は月夜が良いか?

th_IMG_1113.jpg
なんで田舎へ行き星空を撮りました。

th_IMG_1109.jpg
th_IMG_1135.jpg
EOSキッスという入門用ヘッポコ機材により固定で撮る天の川。
バルブ撮影の感覚は大体は掴んだのですが
マニュアルフォーカスでのピントの感覚がイマイチというかテキトー
ホワイトバランスも太陽光のまんま撮ったんで暖色系

この辺は次の課題。
なんで画像はイマイチですが、失敗があるから成功もあるわけで
この辺はライブビューなどを使えば追い込めるらしいので修行あるのみですな。

ただでさえ曇天率日本一の島。
しかも闇夜となるとまあ珍しいわけで
金食い虫の本格的な天体写真や観測は費用対効果が悪すぎなんで
このお手軽スタイルでヨシ

そんな島でお手軽にライフのクオリティを上げるには
やっぱり海と野山に酒とグッドなミュージック

th_IMG_1123.jpg
そんな島の夜はハブが怖いんので、海が見えるお気に入り高台ポイントで撮影
天頂付近は暗くエエ感じなのですが

th_IMG_1126.jpg
集落の漁港の明かりでご覧の通り眩しくて台無し
こんな田舎の漁港まで照明付けられると、こういう時は困りますな〜
でも昴が昇ってまして、そろそろ秋の気配。

長らくご無沙汰のバイク野宿旅に出ながら、こういう情景を収めたいものです。
ポータブル赤道儀による追尾撮影も検討中ですが、どれも高い割に性能が中途半端ですし
星は止まっても景色が流れるんで(妥協したモードもあるらしいが)塩梅が微妙。
荷物の軽さと風景との絡みが命のバイク旅ではそこまで要らないかもですね。

しかしド田舎の集落も最近は明るくなったもんです。マッタク
お金持ちは違いますな。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック