この夏、映画専門チャンネルにて
ドハマりしてる海外ドラマがコレ

その名も
VINYL -ヴァイナル-Sex,Drugs,Rock’n’Roll&NY
いや〜〜〜〜〜時は、この間抜けが生を受けた
43年前の1973年
舞台はNY

そう、ロックンロールが最もアツかったあの瞬間、
あのヴァイブスを全てパッケージしたかなような全ロックファン必見の激アツなドラマ

あの濃い時代のエッセンスをダイレクトに知っている
マーティン・スコセッシとミック・ジャガーがコンビを組んだこのドラマ
面白くないわけがなく

脚本から演出から使われる楽曲まで
あのファックとドラッグとロックンロールが全開の良い子には絶対に見せられない
ぶっ飛んだ時代を、文字通り”体感”できる内容

3話まで見ましたが、まあ最高ですね!
th_CIMG0322.jpg
冒頭にはこのロックの生き字引き二人が
毎回フィーチャーされるアーティストを色々と語ってくれるんで楽しめます。

1話のニューヨーク・ドールズのライブもアツいですし
2話以降もアンディ・ウォーホール周辺のあのヤバイNYの感じを完全に再現していますし

何よりも時間軸が複雑に織り込まれた脚本がナイスで
ロックからブルースからR&Bからパンクからポップまで
あのアツい時代の様々なポピュラー音楽のエッセンスもバッチリ交錯するんで
ヴァイナル、つまりアナログなメディア全盛の70年代ヴァイブスがてんこ盛り。

主人公が社長を務める架空レーベルの雰囲気がとにかく最高!!!
良い子には絶対に見せられないヤルことヤッてる時代のアティチュード
それらも完全に再現してるんで、
最初は下手だったパンク・バンドの原石を見出し磨いていくカタルシスは
全ロックファン必見でしょう。

そうそう、ロックの本質はテクニックやサウンドでなくコレコレ

ソレをミック・ジャガーとスコセッシはバッチリ解ってるんで
今からでも全10話のこのロックンロールなドラマは必見ですぞ〜。

th_CIMG0320.jpg
そんなわけで、ドールズのライブLPを爆音で鳴らしております。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック