どんなに目先の株価が上がろうが、少子高齢化により雇用が改善しようが
肝心要の庶民を蔑ろにして数を減らす存在は、必ず瓦解します。

身体があるから頭も支えられるわけでして
自分を支える身体へ勝ち組を誇ってる滑稽さたるや、文字通り、この上ナシ。
そんな頭を全力で支持する身体の滑稽さもナカナカですが(笑)

頭でっかちな自己責任で思い上がった美しい国と違い
曲がりながら身体であるド庶民の大事さを説く
トランプのほうが遥かに地へ足が着いていて、将来性があるかもですね。

b2_1_01.png
頭だけで身体を伴わない自称先進国は、身体を移民でとっかえても同じですぞ
その卑劣で嫉妬深い愚かさにより再び自滅するのです。

実に実にらしい展開ですが
もはや、その明暗はハッキリと分かれてるのでして
残るは、その程度の大小。
もっとも、今回のは美しい国の長い歴史で初めてのことですが(笑)

どうせ失うモノもない我らは
足の裏から低みの見物といきましょか。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック