先日新譜を出したBLINK-182は言うに及ばず
th_NCM_019080925.jpg
ここのところ個人的に青春ど真ん中を共に過ごした、正にコアとも言うべき
コチラの懐かしのポップ・パンクを再び鳴らしております。

何しろ、こういう老兵というか戦友的なバンドが今年は続々と新譜ラッシュでして

ブリンクに間髪をいれず、今週末に新譜を出すこちらのビッグネームも
先行配信されてる楽曲の数々は陽気なミディアムから
シンガロングでスカッとする曲まで実にエエ感じで、まあ期待できそう。
その詳細は追ってレビューしたいと思いますが

秋にも続々と往年ど真ん中のPOPなパンク
そのビッグカムバッグが控えてまして

先行配信を見る限り、このビッグネームのサウンドも怒りも衰え知らずですし


相変わらずナイスなメロを奏でるこちらのバンドの新譜も非常に楽しみ。

無論、どれもLPレコードで予約済みでして
地下では相変わらずゴキゲンでしたが
メジャーな音楽シーンじゃ電子音なダンスチューンばかりで
たださえファッキンな時代が、尚更とゲンナリになってわけで

久しぶりに再びメジャーシーンでスカッとしたポップ・パンクのサウンドが聴けるのは勿論

何よりもブリンクの新譜のように、中身も全盛期に負けず劣らずのフレッシュな名盤で
若い世代も含め広くメジャーシーンで売れてるのが嬉しいじゃないですか。

やっぱり、ナイスなメロに爆音ですよ。

そんなわけで、今年は例年以上に
おっさんPUNKのビッグカムバッグがアツいですぞい

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック