選挙は完全に予想通りでしたが、この現象は簡単な一言で済むんです。

全ては現実を認められないことに起因する結果。
そう、美しい国では恒例のアレ。与党も野党もね(笑)

だから、4年で史上最高の400兆緩和してるのに物価上昇率マイナスで通貨高
そんなデフレ脱却に大失敗中のアベノミクスを道半ばとか大甘信認。
(物価安に通貨高は同じなのに民主党は3年でボロカス失敗認定)
兎にも角にも失敗したという現実やそれに伴う、それこそ自己責任を認められないのです。
認めた瞬間に、利害も含め自己崩壊しますから(笑)

だから最後の最後まですがるんですな。
あの戦争のようにどれほど生活実感が悪かろうが、破滅する瞬間まで成功を信じて
何度も言いますが、日本の場合は知識人からド庶民まで
失敗した現実を認めるのはホント難しいですぞ〜
それはスポーツの国際試合における独善的なリアクションや
日本スゴイ系の自画自賛番組を見れば一目瞭然。

正しい現実は認識できませんが、
色々余裕が無いのは利己的に知ってるので、とにかく勢力を集めて改憲も大急ぎでするでしょうね。
基本的人権も制限し、経済苦を利用し国難だの緊急事態だの何かと理由つけて
体制へ批判的なことは言いたくても言えない
全体主義的な体制への移行も目指すでしょう。

でも、世界ですら余裕なき内向きの時代。現実は理想ほど甘くはありません。

その理想と現実のギャップに改憲後も含めどんなリアクションを見せるか?
それが今後の最大のお楽しみポイントでしょうな(笑)

美しい国の歴史恒例。気付いたところで、後の祭り。

そして失敗を1番認めてないのは、何よりも民進党なのです。

今や日本で1番現実が見えていると自負する
ハードコアなニートからの傍観日記でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック