激動の時代。
物理的な活動も思想的な思索も静かに雌伏あるのみ。

といってもネガティブな逃避ではありませんよ。

ポジティブもネガティブも結局は、主観的な問題。
そこを考えると、自ずと雌伏の意義も見えてくるわけです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック