2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

 【26//2016】

皆さん、自己の責任で全て物事を完結できますか?
便所の下水から日々の食い物まで、世界一の金持ちですら無理でしょうな。

自然というフィールドにおいて、自己の責任でのみで生きる動物なら可能でしょう。

最初から、完璧なる結論が出ましたが
美しい国に蔓延る自己責任なんて、最も責任ある社会を完全に無視した
暴論、机上の空論もええとこ。

ですが、人間が完全に自己の責任で生きようとすれば、食い物一つ
山や海や畑から自由にできませんし、その海や山自体が
国家や個人、つまり、社会の所有物。

「腹減ったー」と、畑の果物一つもぎった瞬間、パトカーがサイレン鳴らして飛んできますな。

うんこ一つするのにも、自己の責任どころか
社会というフィールドでは自由にできません。

下水から軍隊まで徴税により運営される社会という概念や存在がなけりゃ
排便という生理的な行為一つ、自己の責任で成立しないのに
”仕事”なんか、無論ですよ。

それで自己の責任?マッタク逆なのです。

自己の責任追求なんて、完全に自己の力だけで完結する
すなわち、動物世界のようなフィールドを提供できて、初めて成立する事柄。

人間世界で起きる事柄は、基本的に失業から何から
全てにおいて社会の責任。
例外的に個人の責任が追求されるのは、違法行為時のみ

サラリーマンは無論、自営業から大企業まで、
法や税で動く社会というフィールドで仕事を行う以上
個人の力ではどーにもなりません。

自己の責任が問われるのは、その法を犯した時のみ。

そんなの馬鹿でも解るんですが、何故か解らないのが美しい国なんですな。

仕事も食い物も人間である以上、社会の側に提供する責任があるのです。
提供でなきいないなら、相応に”社会”が”保障”し、養う義務があるのです。

違いますか?

人間の住む社会も動物が済む社会も資源は有限

資本の量=他人を貧乏にした量

ようは金持ちなんて、合法的に他人を不幸にした量の多い人間。
動物世界では、その搾取の手段が(ある種公平な)暴力なのですが
人間世界では不公平な社会権力であるだけ

努力したヤツが報われるはずの自己責任社会。
美しい国では勉強という努力も、不公平ですし
暴力なんか警察に独占され行使できません。当たり前ですが(笑)

しかも、生きるのに最も重要な仕事は、新卒採用のレールから外れた瞬間に
非正規雇用ばかり。

公平に努力が報われるなら、ジジイになって勉強しても遅くはないはずですが
何故か、履歴書に書いた年齢により差別され、その努力は水泡と化し
途端に食い詰めるわけで、完全に機会不平等な搾取と
それに対して大人しい従順な民族性にあぐらをかいた社会の怠慢。

それは一億総ナンタラでジジババまで総動員で馬車馬のように働き
失業率も低く給与も上がってるのに、何故か低成長で人口が減る事実が証明してます。

縄張り内の資源は増えてるのに食い詰めるなんて
動物世界なら絶対にあり得ないことです。

完全に富を独占し分配しない社会の怠慢。社会の責任。

人間が社会で合法的に生きる手段は、
刑務所とこの間抜けが生業にするやくざな不労所得を除き2つ

労働、社会保障。

この2つは個人の力だけで完結できますか?

両方とも社会がなけりゃ成立しませんし
それすらマトモに担保できない社会で、責任のみ個人へ落とし込むのが
如何に暴論か?


野蛮な動物は無論、難民やロックアーティストのほうが知ってるでしょうな(笑)

美しい国に相応しい暴論に殺される前に、徹底抗戦することを推奨します。
今も世界中でやってる当たり前のことですからな。
スポンサーサイト

Category: 時事・政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

フリーエリア

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

フリーエリア