th_NCM_090898049.jpg
お気に入りの海岸線の漁港へ、道具と割り切るポンコツ共に赴き

th_NCM_00890845.jpgth_NCM_0048787.jpg
雑魚との戯れ。
食糧としての釣果より、液晶画面やタップを通した駆け引きでなく
竿を通した駆け引きでリアルな生の実感を得るのが目的。
それは副目的で、
th_NCM_0059798789780.jpg
主目的は、自然を媒介にした思考の確信犯的な自己停止。
それこそが有限で平等な時間を、
労働でなく思考をON、OFFし有効活用する個人的な術。

th_NCM_008999998953.jpgth_NCM_0059889 (1)
里の青い田んぼ感じ、草ボーボーの道を行き、
th_NCM_0009890856.jpg
お気に入りのポイントで、自然と対峙し季節を存分に感じます。
道具でしかないポンコツだろうが関係ナシ。

バイクのようにそれへ至る、プロセスを楽しむのもええですが、
目的である自然との対峙さえ極上で、思考が気持ち良く停止できれば、
それでヨシ。
それが大事。

そして、また再開する思考こそ大事。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック