物理的な世界大戦により、世界各国の秩序が破壊され、再構築された20世紀。

しかし、思想や哲学や文化的な潮流は破壊されないどころか
それなりに継続され、大いなる新陳代謝が生まれたのは言うまでもなし。

ですが、この21世紀。

今や政治は言うに及ばず、思想や宗教、果ては文化に至るまで破壊され機能不全。

大きな戦争もなく、テクノロジー的な革新は進めど
肝心要の根源的な部分が、全方位で思考停止な停滞状況が生まれておるわけです。

その物理的な破壊ではなく、新たな概念上の破壊、盲信と置き換えてもよい
21世紀のリヴァイアサン的な存在。
それは、以前から完全に見えているのです。

何しろ仕事もせずに、日々飯の種にしてるくらいですから。

その再構築の処方箋は、やはり思考によって見えてくるわけで、
あとは方法論的な問題ですな。

無論、主観的な意味で・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック