さて、美しい国では首相に始まり
ホラッチョなコンサルからSTAPなリケジョ、果ては首都の都知事まで
まあ、合法違法以前の人間としての自律機能がマッタク機能不全状態。

最も端的に言うと、動物化してるわけで

その対義たる人間、
その人間が人間であるのに必要な”思考”
つまり哲学こそが最重要というわけ。

現在の世界は政治体制を問わず
概ねその動物化VS人間化の思想的
(それを否定する綱引きなんでこの比喩は不当か)綱引き上にあり、

こんな法律以前の最も重要な要素を軽視した状況が進むと、
動物でなく人間にしかできないアイロニーな悲劇を産むわけでして、
美しい国ではそれが完全に欠如し何度も申す通り”動物化”が過度に進行中。

高学歴なだけでマッタク役に立たない強欲な都知事や、影響度ゼロの哲学者は無論、
核になる思考が欠如してたせいで、理性的な予知より
恣意的な技術というか安全神話を盲信し、原子力テクノロジーは制御不能で暴走。

ネット上のドキュメントを始め、本屋の棚に平積みされた書籍には
こんなハード・コアなニートが指摘できる最も基本的で本質的なことすら
一切示されておりません。

なんで、こんなテクノロジーが進歩した今の時代がこんな徳なき
もっと言うと、徳という概念すら軽蔑され、
というか、人間とは何か?という基本中の基本ですら理解できない状況になってるんか?

今後は数回に渡り、コレをばじっくりと解説したいと思います。

コレは実に貴重ですぞ〜(笑)th_NCM_008980989.jpg
さて、なんで人間が人間であるのか?

考えた事ありますか?

そんなこと考える必要ない。

と、首相からド庶民までそう答えるでしょうな
一億総活躍の美しい国では(笑)

そりゃホラッチョなエコノミストに比べ
哲学者が商売上がったりになるんは当然(もっともそれが自然ですが)

th_NCM_008890.jpg
人間が人間である最大の要素こそが思考、考えること
そこが感覚的な条件反射のみで生きられる動物とは明確に異なる点で

仕事にしろ、美しい国にしろ、
人間が作った概念上の産物である社会機構で思考停止し、
動物化してるのに過ぎないのです。

つまり人間でないのに、人間であると錯覚してるわけですな。
特に過労死やカミカゼなんて生まれる美しい国ではその
内実はほぼ動物であるのに、人間であると錯覚した作用が、副作用も含め強烈です。

ド庶民から都知事、果ては首相までね(笑)

だってそうでしょ?美しい国で一億総活躍。
それさえ何も考えんとやってりゃ、
自分の道徳以前に、資本主義や民主政治や法が、社会機構を律してる次第。

それに乗っかってさえいりゃ、出来の悪い遊園地のように
アベノミクスから五輪まで、善も悪も関係なく
ウハウハと何も考えず動物化した思考停止状態を、テクノロジー的な全能感と共に錯覚できます。

それが、まさに今の日本。

でも、そうやって動物として思考停止できるのも、
全ては人間が作ったアカデミズムを基にした社会機構などのおかげ。

それを忘れ、疎かにし、動物化した条件反射や感情や感覚のみで行動すると、
これまた手痛い条件反射を喰らう次第。
自律機能が無く暴走した美しい国が、かの原爆を投下され
他人が作った法律で律せられてる、現在の状況も文字通り、自明の理。

そんな愚かな状況へ再び回帰しようとする現在の美しい国に合わせ
思考レベルを、動物化VS人間化という
最低のレベルまで下げて解りやすく相対化してますが、

古代ギリシャでアカデミズムが隆起するまで人類は原始共同体で生活し、
今も一部の部族などではそういう”動物的”共同体が存在しています。

しかし、動物と違う点は思考や感情がある点。

弱肉強食で障害者からノロマまで差別的に淘汰されても、
動物なら条件反射のみで生きるんで、
感情もなく、優勝劣敗だろうが何も心は痛みませんが、人間は違います。

それでも幸福だというなら、実践すれば良いと思いますが、
現実には動物的な原始共同体のほうが人類の歴史では淘汰され
かの実に感情的で差別的なナチス・ドイツや北朝鮮ですら
原始共同体でなく、法で律する社会機構という概念を採用しています。

つまりは、人類史において動物的な原始共同体を淘汰したのは、
人間が概念上の動物であるという何よりの証左
何故か?感情が不公平な淘汰を許容できないからです。

だから北朝鮮やナチス・ドイツですら、独裁者を媒体に
あたかも公平で公正な社会機構を装い
その野望をばこの地球上で実践してるわけですが、内実は動物以上に不公平な状態。
しかし、何度も言うように概念上の産物に頼りきり思考停止し
動物化してるのを無自覚で暴走した概念上の存在は、
実に実に手痛いしっぺ返しを食らうわけでして、それは大日本帝国でも証明済み。

そんなわけで、
このハード・コアなニートが堂々と仕事もせず
ドロップアウト宣言してるのも、人間が人間である基本を尊重し実践するが所以。

だって人間が人間である思考を放棄させれられた社会で家畜のように
酷使されるのは人間を全否定してるも同じでしょ?

自分の社会的地位は無論、
その土台たる道徳や宗教が降って湧いたように錯覚、
その産物を盲信してる動物化状況だからこそ、
安倍総理のような思考停止を絵に描いたような存在が生まれるのです。

さて、いきなし偉そうな結論から書いちゃいましたが

知性とは”自分が何も知らない事を知る”

おっとっと、いきなしついでに
ソクラテス大先生の弁証法である産婆法まで書いちゃいましたが、
まあ、美しい国はそれをまるで知らず偉そうな振る舞いばかり目立ちます。

それを経た上での直情的行動と、
知らない直情では、まるで意味もスタンスも違います。

恥や徳や分を知ると置き換えても良いでしょう。

思想や哲学というのは、あくまで主観的な代物。

音楽のように体系化や一般化できますが、それはあくまでも
社会機構を律する場合など大枠におけるケース・バイ・ケース。

法律以前のそれを放棄することこそ、
自律機能の放棄であり、動物化の宣言。

今やこの国では軽蔑の対象にすらまで落ちた
知性やアカデミズムの歴史を、次回から紐解きながら
どこでも手に入らない人間が人間であるための思索の旅をじっくりと続けましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック