th_NCM_0089898907897978962.jpg
朝からまたしてもポピュラー音楽界におけるレジェンドの訃報

大滝詠一氏の時もデビッド・ボウイ氏の時もそうでしたが
直後はまるで現実感がなく
今回も後から後からジワジワ来るんでしょうな。

喪失感というやつが
この美しい国ではマトモにこの訃報も報道されてないのでCNNばかり見てますが
世の中、失って気付くことが往々にしてありまして
プリンス氏の場合も意識はしなかったのですが
その音楽性は語るまでもなく偉大ですが、その独特のギターワークに魅了された
個人的なギターヒーローであったのを今更ながらに痛感しています。

ポピュラー音楽はおろか資本主義経済全体が行き詰まりを見せる中
レコーディング文化も含め大衆音楽という限られた枠の中で
芸術性を存分に発揮できた時代の稀有で貴重な存在が
また一人この世を去ったのは事実

残された我々にはそれを受け入れ
前へ進むしかないのですが、しかし今年は多すぎますし
殿下は逝くのには若すぎますなあ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック