世界的にマニーや有価証券やゴールドや石油や土地やお家
いろんな資産価値が上に下にと日々気温のようにジェットコースター
国家別に虚像と実像のギャップを嫌でも精算するのが市場という大舞台

その市場、今年はマジックやバズーカや思惑や欲望が入り乱れ
連日激しく虚像が膨張収縮を繰り返しまくってますが

額に汗して実直に働けば、そんな膨張や収縮にカンケーない
働いた分だけ報われると思ったら大間違い
(そうあって欲しいですがね)
そんならピケティさんが解明した
額に汗する労働の成果より資産家による搾取の速度が上回る
r>gなんて不等式は成り立たないわけで

貧富の格差増大、
上位62人と下位36億人の資産が同額



コレ昔は記憶が確かなら上位300人の富と下位が同額だったのですが
今は更に上位間でも淘汰が始まっている証拠

搾取されるのは自分が勝ち組と思ってる上位の資本家も同じで
今や世界的に富は上位数%の人間に集約されつつあり
底辺の我らは無論、上位に居る人間も同じなんですねえ

99%VS1%なんて虚像だと思ってましたか?
自分は違うと思ってましたか?

いいですか、
豚は生かさず殺さず
太らせてから美味しく食べる

資本主義ではこれが鉄則なんでして
食物連鎖の頂点にいる猛獣の如き上位にいる賢明な資本家はこれを心得ていて
まさに全世界的にその淘汰と搾取が始まっているのです。

AmazonやグーグルやAppleがなんであんなに成長してんのか?
少し想像の翼を働かせればすぐ理解できること

この狭い島国での搾取でこの世の春を謳歌してた
ファストファッションブランドや携帯キャリアも同じ
目の前の現実がバブリーでウハウハな存在こそ、その虚像と実像のギャップ
その世界的な搾取の中に居る事実に気が付かないもの

当たり前です。
元々失うものがないチンケなアリより
豚のほうが搾取の対象になりそのリスクが大きいのは当然

さて、そんなバブリーな虚像なんてカンケーない
と額に汗して働き、借金なんてしない
株なんてバクチ!とせっせとタンス預金してる国はどーなりましたか?

以前も話した通りバブリーなツケが膨らみ、精算周期でバーンと弾けても
人口や資源などの実像があれば自律回復はいくらでも可能ですが
この国はバブリーなクラッシュの反動からか民族性からか
バブリーなツケを膨らませようとしても
完全にタンス預金モード、額に汗モード

ならばと異次元のバズーカバブルで無理矢理に膨らませても
その実像重視のマインドはもはや信仰レベルまでに達し
しかもバブリーな虚像を上位層が近視眼な保身のために独占
ますます下位の実像は収縮しそれはもう最低20年は完全に不可逆

そのツケがたまりにたまり虚像と実像のギャップが日々拡大してんのは以前話したとーり

そして最近になって付け焼刃的に始まったのが、同一労働同一賃金
「同一労働同一賃金」
目指す…首相施政方針演説

これは世界的には最低限のスタートライン

ただでさえ、生かさず殺さずな豚を殺しまくり減らし続ける国
これも世界標準な上位から下位への再分配政策でなく
下位の間での足の引っ張り合い政策になる可能性が大

正規、非正規雇用で賃金格差があるとして
それを同一にする場合
正規に合わせりゃ正規自体の数を減らせば資本家が払うトータルな人件費は同じですし
非正規雇用に合わせりゃトータルな人件費は同じか
上手くやれば節約すらできます(笑)

そう、豚は生かさず殺さずが基本なんですが
それを結婚すらできない=殺すレベルまで搾取し
その種の数自体を減らしてるのが愚かなるこの国

そんな構造が変わらない限り外から種を呼んでも同じでツケは膨らむばかり

まさに”ライオンハート”な馬や鹿がこの国の上位層なわけでして

ライオンにしてみりゃ草食系のくせに草の縄張りを独占し
後先考えずぺんぺん草も生えなくなるまで食べまくって
1代だけ豚みたいにブクブク太りライオンに食べられるのを待ってるんですから
そりゃ笑いが止まらないでしょうな(笑)


誰が作ったのか知りませんが、食物連鎖とは上手くできてます。
そのハートだけライオンな馬や鹿に
弱い立場だからと黙って搾取されるのは、自ら搾取の連鎖に加担してるのも同然
種の持続すら不可能な不当な搾取は”拒否”するのが基本でストこそ世界標準
そんな状態で額に汗しても報われるどころか殺されるのがオチ

どーせ殺されるのが同じなら、そんな不毛な搾取の連鎖から”いちぬけた〜”な、
ハード・コアなニートはその強欲なるライオンのオコボレをば
死なない程度に自分の”分”だけ底辺から直に掴みとるハイエナ戦法
さすれば搾取もしないしされません(元々ねーし)
豚みたいに太って目立ちライオンに食われるリスクも最低限。

何事も哲学と目的が大事
人生の時間は有限で誰でも平等なのです。
自然もまた然り
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック