th_NCM_00397988.jpgth_NCM_0084-1.jpg
再起動してからというもの相変わらずカセットデッキは順調に2台態勢
少しでも延命するため貴重なデッキをそれぞれ自己録再の交代制で稼働
お気に入りのCDやアナログ・レコードを編集したりそのまま入れたり
テープも新規で順調に量産中
(さすがに学生時代からの資産は押入れで寝てますが(笑))

この時代、単に回帰主義でなく自分で修理しながら
部品の耐性が完全に寿命になるまではガチで実用&常用する気マンマンでして
カーステレオもカセットへ戻そうと考えてる次第

そんな未だに色褪せないナイスなメディアであるカセットテープ
今、生き残ってるのはほんの数社のみですが。



昔は様々なメーカーが素晴らしい製品を量産してましたなあ。
リーディングメーカーであるソニーも

th_NCM_00789786.jpgth_NCM_00787987.jpg
この伝説的で超がつく高性能カセットテープ
スーパーメタルマスターを頂点に
th_NCM_0778089.jpgth_NCM_00987897897.jpg
ノーマルポジションからメタルまでホントに様々なバリエーションを展開してました。


個人的にはソニー製品
特にカセットテープや音響機器にまつわる製品には思い出が多く
このビリー・ジョエルと三田寛子の組み合わせのCMがなんとも味わい深い
親父譲りのデジックデッキで量産したマイベストやエアチェックテープは数知れず
ミニコンポにも色々と思い出が多いですし
社会人になってからは憧れてた高級ミニコンポや3ヘッドの専用デッキを買い
今も一部は稼働中となってる次第

いや〜”WE ARE MUSIC”とか”音楽の野望”っすよ
あの頃のソニーには製品を売るだけでなく”音楽”を普及させる
リーディングメーカーとしての矜持がありましたね。ホント

そう、矜持といえば
未だにカセットテープをノーマルのみながらも愚直に生産し続けるmaxell
th_NCM_0096767890.jpg

このUDⅡも実に思い出深いカセットテープ

だっさいハーフやワム!のCMが懐かしく
ハイビームサウンド?ちゅうキャッチフレーズも全く意味不明ですが
当時はホントに音が良く、えっへん、とドヤ顔できそうなコスパが圧倒的でした。
いやいやホントに懐かしいですが
th_NCM_00978972.jpg
maxellは今も現役な家系図を持つ貴重なメーカー
今後も日本だけでな全世界にとって貴重な
音楽メディアであるカセットテープというメディアの火を消さないで欲しいものです。
他にもソニー並ぶリーディングメーカーであるTDKは勿論
th_NCM_0041 (1)
ジウジアーロデザインの高級テープを投入してたザッツなど
ホントに思い入れ深い製品が多く


個人的にはビンボーな若者向けちゅうか
コスパの良いこの辺のメーカーを多用してて一番しっくりきますかね(笑)

そんな思い出多きカセットテープ
th_NCM_00587870.jpg

面倒くさかろうがその魅力が褪せない以上、まだまだ使い続けますよ。ハイ
無論、ハイレゾだろうがなんだろうがデジタル環境を確保した上で
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック