米国経済が良けりゃ粛々と利上げによる引き締め
いよいよ長期停滞で悪けりゃ素直に需要悪化&利下げ&デフレ懸念で
どっちに転んでも市場にリスクしかない地獄

バズーカ撃とうが下げ相場に短期間な餌を与えるだけ
バズーカ見送ろうが下げ相場に長期的な失望を与えるだけ
どっちに転んでも市場にリスクしかない地獄

そういう意味で必ず収束する債務サイクルとは偉大で不思議なもんですな。

言いましたよね。
去年の段階で日本の政治経済は何も言うレベルにないって
”真のリスク”はまだまだ先だって

何も言うレベルにない連中(輸出大企業や公務員も同じ)にヒントを与えるだけ無駄ですし
言って解らない存在には身をもって”実感”させるんが一番ですからね。

債務サイクルの大転換が本物で
ドッカーンと値幅で調整ならリーマン・ショックみたいに短期で済むのを
公金使うだけ使って必死に支えれば支えれるほど地獄は日柄の乱高下で長引き
国家財政も市場の損失も膨らむ最悪の展開

まだ米国や中国のように債務サイクルでバブルが崩壊しても
自力があれば何度も何度も、それこそ緩やかに
内需や外需や再緩和政策や財政出動で自律回復できるでしょうが
この資源もなく史上空前の少子高齢化で内需が崩壊する国は別
あ、史上空前の借金なんてのもありましたから
金融緩和時に最も重要な再分配策の財政出動なんかも絶望的。

去年の年末に書いたこの国は常に最悪の事態へ舵を切り責任放棄する
なんで、団塊ジュニア世代は安楽死なんて世界へ恥を晒す事態にも視野に入れておこう。

なんて提言もニートの戯れ言、絵空事と思ってましたか?

コッチは元々失うもなんざ何もない人生ウルトラフルスイング野郎
なので自活的な自己防衛を自己責任で粛々と今後も行うだけですが

さあ、自分達で選んだ政権による地獄
初期段階であろう今ですら大企業でさえ自主退職で再就職のあてのない時代
路頭に迷おうが安倍政権による社会保障削減で生活保護は貰えず
リストラで精神病もうが知ったこっちゃない
自分達で作った弱者に対する冷酷世界を身をもって実感するでしょうな。

さてさて自己責任の国はどーするんでしょうか。実に見ものであります。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック