去年までの相場なら
中国などの大規模なショックが来ても
1週間もふて寝してりゃなんとかなった

でも、今年はなーんか違う。

中国が力技で反転させてもカンケーなく下がったり
指標が予想より遥かに良くてもカンケーなく下げ続けたり
中東でロシア仲介のプロレスしてもカンケーなくコモディティが下げ続けたり

さて、この3連休が吉と出るか

色々と楽しみですが、この環境の変化が一時的なものでなく
7〜10年に一度と言われる長期変動に起因するモノなら3連休どころか
3週間、いや、3ヶ月程度でも終わる話ではなさそうなも気もしますが・・・
どーなりますやら。

1つだけ確実なのは長年の買われ過ぎによる巻き戻しの長期変動が本物なら
「売られ過ぎだから買い」
コレによる多少の反転こそが
当面における最高のエンジンになるということ。

何しろ
為替は4年でドル円相場で50円上昇
株に至っては4年で8000円が20000円
米国株に至っては7年で史上最高値

売られ過ぎかどうかは、時間(日柄)と値幅が粛々と判断するでしょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック