以前から愛用してて最近また買い直したのが
th_NCM_00478872.jpg
このソニー製のモニターヘッドホン


img_187978.jpeg
国内向けのスタジオモニターヘッドホンの定番である
通称「赤帯」MDR-CD900STが有名ですが
th_NCM_00388782.jpg
昔から愛用してるのはこちらの「青帯」MDR-7506


なにやら海外でこちらの青帯のほうがスタジオモニターの定番らしく
エリック・クラプトンなども愛用してるようですが
何が良いって赤帯と同じようなモニター用途にも使えつつ
リスニングにも対応したバランスの良いサウンドと取り回しの良いカールコード
コレが嫌いという人もいまいすが
th_th_NCM_0087825.jpg
ギター演奏など深夜の楽器練習などで
椅子等にコードが絡まる心配もなく(赤帯をコレで何度も断線した)ラクですし
前の青帯は10年使って1度も断線しなかったので耐久性は折り紙つきで安心。
それとは別に今は廃盤ですがMDR−Z600ちゅうのも耐久性バツグンで
音も良くて安く長く使えたナイスなヤツでした。
昔のソニー製モニターヘッドホンは普及価格帯でも良いやつが多かった。

ジャックもミニプラグが使えるのでコレはホントに色々と便利ですし
コンパクトに収納できるので(高級感のある袋付き)持ち運びにも便利
th_NCM_00098018.jpg
その上、サウンドもモニターへ対応してるんでナカナカ
特に薄いホワイトノイズやヒスノイズを検知する高音域の解像度は
FMエアチェックやテープ録音におけるノイズチェック時において
個人的にはかなり重要なんでリファレンス用途として頼れる存在です。

勿論、楽器の音作りなどで重要な味付けのないフラットな特性も同様

当然、モニター的なサウンドなんで聴き疲れは不可避ですが
赤帯ほどではないので、長らく愛用してる次第

消耗品であるイヤーパッドも別途に注文して交換できますし
赤帯も良いですが、個人的にはこの青帯のほうが汎用性があり
長く付き合える頼り甲斐のあるヘッドホンでしてオススメしたいですね。

値段も赤帯よりは若干お得ですしね。

何やらアマゾンなどの通販サイトやネットオークションサイトでは
中国製の偽物が出回っているようなので
心配なら老練のサウンドハウス通販(自分はいつもココ)などで
買うなどすれば価格的にも色々と安心でしょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック