個人的には色々と懐かしいというか、思うところ多きスカバンドである
オイスカことOi-SKALL MATES
ですが、実に10年ぶりとなる4thアルバムがクリスマスにリリース!
th_NCM_000878979.jpg
予約してて待ちに待ったLPがようやく到着

※結成20周年を迎えるOi-SKALL MATESの10年ぶりとなる通算4枚目のアルバム。
今までにリリースされた音源を覆すほどのパンキーでナッティーなサウンドに!?
セクシー&ヴァイオレンス&ファンなアルバムに完成!?

と、レビューなどにはありますが


いや〜〜〜やっぱり良いですな!
マニーも権力も持たないイカす階級のスケベなクソッタレ野郎ですが笑顔だけは負けません。
不景気なしかめっ面並べた世間とは正反対な
スマイリーなそのサウンドはブランクなんか関係なしにゴキゲン♪

当然、現物のLPもナイスサウンド

th_NCM_0019881.jpgth_NCM_001897877.jpg
th_NCM_0098810.jpgth_NCM_00198082.jpg
聴きながらコレ書いてますが
ド庶民にはこういうスカなゴキゲンサウンドがしっくりくるわけで
そのタイトル通り円熟味?を増した
パンキーでナッティーな?サウンドやホーンの色艶ある味わいもアナログ盤なら言わずもがな
若干インディーなサウンドに
LP盤らしいエッジィな歪み感やガッツも加わり良い感じ

LPらしいデカイ歌詞カードには、オリジナルな対訳も入っているんで
th_NCM_028789781.jpg
スクリーンショット 2015-12-28 18000

そのナイスな楽曲やサウンドと合わせて
このクソッタレな時代をサバイバルする
我らクソッタレにジャストな歌詞もじっくりと堪能できますぞ〜

20151220_1086299.jpg
LPやこちらの缶入りCDは限定版らしいので、お急ぎを

そんなわけで、
年明けにはTHE PRISONERの新譜も待ち構えていますし
この年末年始はこのオイスカの新譜をじっくりとヘビロテしながら楽しめそうであります。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック