今、久米宏のラジオで全員参加だった世界と比べ
日本の歴史では上澄み、ようは特権階級の記録だけ残されて
フツーのド庶民の意見や考えは歴史的にアーカイブされてないと言っている。

確かに町民文化が花開いた江戸時代ですら
厳密に精査すればド庶民の記録は殆ど残されていない
そういう意味で、インターネットのような
愚痴から炎上まで
個人で全世界的に発信できログが残るメディアは歴史的な革命であり貴重。

しかし、時の為政者の考えひとつで遮断及び消去できるメディア
それへ過度に依存すると
いつも通り庶民の記録なんぞ丸ごと消される可能性も大

むしろスマホだクラウドだとローカルなメディアすら持たず
インターネットのサイバーな空間へ依存すればするほど
為政者が情報や記録を遮断&消去するのはラクになるだけ

どんな天変地異や政変でも後世へ残ったメディアは
紙は無論、石版や壁画だったりアナクロもアナクロなメディア

なんでド庶民の個人的には
個人こそデジタルとアナクロなメディアを併用し
後世へ脚色された上澄みの記録でなく
時代をサバイバルしたド庶民の真実の記録を残すことが
ことさら重要な時代になると思っているわけです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック