2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

 【19//2015】

さて、今や何を言っても無駄無駄無駄無駄ァな日本

首相や官房長官や日銀総裁が
「緩やかな回復基調」とか一点張りして
現実、ひいては自己の誤りすらまるで自認できない絶望状況
政権を支持する国民も含め
そんな正反対の認識で話すら通じない相手へ何を言っても無駄なんで
今日も何も言いませんが、
そんな相手が認識しようがしまいが現実は現実で不変。
自己修正できず破滅へ向かったあの戦争と同じく
再び破滅の階段を転落してる以上

個人的に自己防衛する上でも撤退戦略は重要

今日もそれを思索するわけですが

スクリーンショット 2015-11-19 142341
今後の状況は極めて深刻
昨日、書いた通り生産年齢人口が減り続ける少子高齢化時代
働きアリが働けば働くほど時間、カネ、体力など消費のパイは萎み
若い世代の可処分所得は減り続けるのに年寄りの社会保障費は増大
(3%成長だの600兆だの言わず敢えてゼロ成長というフラットな視点も大事)

おまけにピケティ氏が示した庶民から資産家への所得移転
r>g の不等式も世界的に加速する時代
それでも生産年齢人口が増え続ける大国や付加価値を創造できる国は
なんとかなるでしょうが

昨日書いた通り
全く新しいキリギリス時代に対応できず働きアリにより破滅するこの国は
若いアリが一日中働いても経済成長には何ら寄与せず
グローバル化した強欲な大企業を肥えさせるだけで
そんな肥えた企業に課税すれば良いのですが正反対に減税

新しいキリギリスの時代に”消費者”として
むしろ若い労働者よりも社会的な価値があった
高齢者や障害者などの弱者ですらも原始社会同様、完全なるお荷物になり

もはや社会にとって「価値ある生命」は何か?の定義なんぞ関係なく
全方位で利己的な淘汰が横行し社会ごと破滅していく未来は
この国の歴史を振り返ると容易に想像できるのです。

その過渡期にある今
若い世代の負担として(あくまでもこの視点に限定)観た場合、
間違いなく大きなお荷物である高齢者
ひいては長生きを助けその社会的負担を加速させる医者を
社会的に「価値の無い存在」なんて
言いたくても言えない状況

何故か?
政治的な問題であるからで
今も診療報酬を上げてこの悪魔的な社会状況を更に加速させそうな勢い

とはいえ、”倫理的”に
医者は悪魔、ジジババはお荷物

若い世代の縄張りを侵すな!!!さっさと死ね!!
なんて動物では常識なセリフを絶対に言えないのが現代の人間

米国は今まで国民皆保険制度のない
貧乏人は医療もロクに受けられない絶望的な国とされてきましたが
現実は
国民皆保険制度のある日本が衰退し
国民皆保険制度のない米国が成長し続けるのは実に皮肉的

しかも今後はその成長にオバマケアもプラスされて
庶民的な社会状況は日本より遥かに改善されるでしょうね。

それを踏まえに踏まえて考えると
この絶望的な撤退戦略

言葉は悪いのを承知で言えば
数が圧倒的に多い逃げ切り世代である団塊世代のお荷物を減らすのは
政治的に不可能
(小泉政権時代、唯一の良策であった後期高齢者医療制度の顛末で証明済み)

若い世代でなくその数を活かし
最初で最後の逃げ切り世代として
若い世代の犠牲の上にその利己的な生を謳歌していくでしょう。

そんなわけで次なるお荷物である
我ら団塊ジュニア世代から
若い世代への負担軽減と倫理を両立させた死生観
新しい「価値ある生命」の定義を確立するのが撤退戦略における
遅すぎるスタートラインになりそう

そうなると撤退戦略を最も被害なく行う具体的な戦術は2つ
「価値ある生命」をキリギリス時代に合うよう再定義し
ベーシック・インカムなどでキリギリス時代に合う社会を再構築し延命するか?

どうせ負けは確定してる時代
被害軽減には最もコレが効果的で現実的な戦術なんですが
この利己的な国においては最も政治的に困難な選択肢でしょうね。

なんで我ら棄民世代である団塊ジュニア世代は、もう一つの選択肢
安楽死も視野に入れた若い世代への負担軽減を模索せざるを得ない状況になるでしょう。

そうなれば世界的には恥ずべき状況で
その時点で日本は先進国の座にないでしょうが
世界的低成長期でも人口ボーナスが続く他国と違い
日本の国状や国民性を鑑みるに現実的にはそうなる可能性が最も高いので
この選択肢を事前に我ら団塊ジュニア世代は熟考しておく必要はあるのです。

またしても長くなりましたが
その若い世代の負担軽減を目的とする新しい死生観の具体的な模索は
次回以降じっくりと
スポンサーサイト

Category: 団塊ジュニア世代の死生論

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

フリーエリア

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

フリーエリア