悪天候ながら例によって
バイクのコンディション維持走行
th_NCM_0089837.jpg
秋雨による悪天候の最中ですが愛車のコンディション維持を再優先
昨日までの雨により日陰の路面はハーフウェット状態
慎重に市街地をエスケープしいつもの定期コースを
これまた慎重に標高を上げて崎原地区手前のいつもの展望台で一休み
th_NCM_0088936
当然ながら、マヌケでハードコアなニート生活で傷んだ
ハートのコンディション維持も兼ねてます。ワハハ

th_NCM_008846.jpg
th_NCM_0047785.jpg
深まる奄美の秋
天空の里
崎原集落の実に美しいお気に入りポイントでもまた休憩

th_NCM_004773.jpgth_NCM_00489897.jpg
誰も居ない東屋で飲む缶コーヒーは絶品
しかし缶コーヒーも高くなりましたな

th_NCM_0077850.jpg
個人的に”天空の里”と呼ぶ意味が理解できるであろうショット

th_NCM_00579872.jpg
天気も良くなってきたんで麓の漁港でブラブラ

th_NCM_008853.jpg
その先は相変わらずのダート
ここだけ長いこと未舗装で途中はかなりガレまくってます。

th_NCM_0057879.jpgth_NCM_005777
そのダートを登った先も逆光ではありますが
太平洋を望む絶景

一端、下界へ下りコンビニで軽い昼食を買い出した後
本茶峠を駆け上がり
人間、なんやかんや”概念”をこねくり回したところで
目の前にある”事象”が全てやな

なーんてコトを考えつつ
th_NCM_00678780.jpg
向かったのは山の上の展望台
気温が上がってきたんで中途半端な標高にある草ボーボーのベンチは
ハブのリスクを感じ、思い切ってここで昼食を食らうべく訪れた次第

th_NCM_0078978962.jpg
ついでとばかり山の中を徒歩でトレッキング
遠くなる相棒
th_NCM_0078761.jpg
押し寄せるネイチャーな空間
th_NCM_006878973.jpg
ガチな山の中なんで迷わず進むのに標識は大事
どーか、ハブが出ませんよーに

th_NCM_006774.jpg
ちょいと歩くと展望台へ到着
そんな状況だからか日曜日なのに誰もおりません
th_NCM_0067785.jpg
そんなわけで絶景を独り占め。ワハハ
しかも涼しげ

th_NCM_006876876.jpg
本当にライトでヘルシーな昼食をば頂いて、満足

どんなビートよりもハートの速度を自然に調整してくれる
周囲に漂う原生的なサウンドへ耳を傾け楽しみます。

th_NCM_0076671.jpgth_NCM_00787973.jpg
この時期に限らず奄美の自然へ足を踏み入れるのに欠かせないのは
毒吸引の道具に緊急連絡用のタフネスなガラケー
ガラケーのほうは充電すりゃ一週間は待ち受け余裕なんで
いざという時何かと頼りになります。

th_NCM_09898074.jpg
個人的に楽しめたんで、一応、チャリン♪

そんな奄美ですが
まだまだ野宿を楽しむには程遠い暖かさ
個人的にはあと一月は先ですかね。(ようは真冬)

で、ジェベルのコンディションは絶好調
改めてその車格のわりに絶妙な軽量さと
実にタフネスな乗りやすさを再認識
敢えて絶対とは言いませんが、やっぱりコイツは旅用に手放せません。

そんなわけで明日はもう1台の相棒もテストしたいところ

th_NCM_0048781.jpg
マッタク同感ですなあ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック