ミニアルバムの3曲目とは思えない入魂のミディアムパンクバラード

ライブでシンガロングしたいガチな名曲&時代をサバイブするアンセム確定。
ギターソロがまた沁みる


こんな時代だからこそ
”たとえ一人でも歩き続けるしかない”

そんな背中を後押してくれる1曲
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック