たまにはクラシックも聴こう

最近はホントにクラシックばかり聴いてます。
th_NCM_001870709782.jpg
とはいえCD棚を整理して見つけた音源は
ボレロやらカノンやらドがつくメジャーどころばかり(笑)
他にも色々とメジャーどころはあったように思いますが整理しないとです。

th_NCM_00178785.jpg
チャイコフスキーも定番モノが少ないながら出てきました。

th_NCM_0007789792.jpg
ベートーヴェン9つの大峰も8番が紛失中ですが

th_NCM_07987789004.jpg

最も好きな「田園」のブルーノ・ワルター指揮のコロンビア交響曲楽団による音源は健在
いや〜〜〜1958年録音のコレを聴いた時の衝撃たるや
ガチでぶっ飛ぶました。

そのあまりに優美なるワルター指揮による演奏はもちろんのことながら
アナログ録音によるステレオ高音質なサウンドがおったまげ
その素晴らしいサウンドの前にはブチブチノイズなんぞ気になりません。

またワルター専用とも言うべきコロンビア交響楽団
その一般的なオーケストラよりこじんまりながら
統率がとれた少数精鋭サウンドが独特の味を醸し出ていて
今でもちょいと聴こうと再生しても、ついつい最後まで聴いてしまいます
このサウンドが個人的にはオーディオ機器の調整やらのベンチマークにもなってますね。

SACDでワルター指揮の田園
も出ていてこっちもコレクションしないとです。

手持ちの音源はメジャーどころばかりですが

th_NCM_0016-19898.jpgth_NCM_0018-199089.jpg
クラシックはNHK-FMなどのソースでも高音質でマニアックな音源が
エアチェックなどで嫌というほど入手できるんで問題無く楽しめますし
テレビもEテレなどでN響の定期公演がサラウンドで鑑賞可能。
手持ちのはむしろメジャーどころのがヨシ

そんなわけで朝からコーヒーを飲みながらクラシックを聴くのが最近の定番コース
日課も捗るというもので

そんな朝には

その名も

ズバリな定番曲はもちろん


ビバルディや

なんといっても、やっぱりバッハは優美でだいたいどれ聴いても
朝のコーヒータイムにはドンズバ

そんなわけでメインだと比較的退屈なクラシックも
趣味的にパートタイムで聴くとナカナカに楽しいものであります。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック