株価より物価

さて、デフレ脱却へ向け
この道しかないアベノミクス

その明日を占う消費者物価指数が発表
スクリーンショット 2015-08-28 91246
結果はご覧の通り生鮮食品を除くコアCPI前年同月比で前月の0.1%から0.0%へゼロ回帰
(見方は左から、前月、予想、今月の数値)
予想はマイナスでしたが、なーんかゼロ%ジャストは都合良すぎな気もしますが
折からの原油安を見るにつけ、いよいよ物価上昇率マイナスも見えてきた感じですな(笑)

家計消費支出も+予想を下回りマイナス継続中
いや〜あの壊滅的に落ち込んだ昨年夏よりマイナスなんですからおったまげ

で、ねえ
コレが如何に深刻かというと
スクリーンショット 2015-08-28 91229
同じようにディスインフレに喘ぐ欧州ですらコアCPIの前年同月比は+1%
デフレ懸念のあるEUですらコレなんですよ(笑)

で米国はというと
スクリーンショット 2015-08-28 91214
コアCPIの前年同月比はなんと+1.8%

低インフレ率なんて言われる米国ですらコレ

史上空前のバズーカを放ちまくったののに
0.0%のインフレ率
これが如何に深刻な状況か理解できるでしょう。


まあ、そんなデフレ脱却へ待ったなしの状況なのに
市場も大本営も呑気なもんです。ハイ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック