『トライアンパサンディ』新譜迫る

日本有数のパンクシーンを持ち
個人的に思い入れもある愛知のシーンから生まれたスカ・ロック・バンド"GOLLBETTY"
このバンドも最高で非常に思い出深く腐れ縁たちとよく聴いたものです。
惜しくも解散しましたが、その紅一点センターのG-YUNがソロ活動の後
新たに率いる新バンドが
36420150703011934.jpg

この『トライアンパサンディ』
その概要をば引用すると

通称:トラパ
結成:2012年10月3日
バンド名の由来:▲+&
(トライアングル+アンパサンド)

音楽を通して出来る素敵なトライアングルを意味する。
”演者&オーディエンス&ライブハウス”
"I&YOU&MUSIC."


だそうでして
とにかくそのサウンドが個人的に最高のお気に入り


GOLLBETTY時代のスカとは完全に一線を画し
サンプリングなど電子的要素をフュージョンさせたサウンド

そんな打ち込みと融合したバンドは今や珍しくなく
メジャーシーンにも多々いてスタンダードとさえ言えますが、
女性ボーカル
しかもPOPなだけでなくこういう挑発的で浮遊感のあるクールボイスなバンドは
このトラパだけでしょう。

なーんか最近の邦楽はPOPシーンでもラウドなロックシーンでも
女性ボーカルのは大体同じでいささか食傷気味したが





このピコピコ♪なPOPとジャーン♪なロックを
クロスオーバーする唯一無二のサウンドはやみつき
なんともエフェクティブでクールなボイスがとにかくカッコ良いわけです。


GOLLBETTYからギタリストなども参加し
独特なサウンドメイクに一役買っていますが
しかし見事にオンリーワンなバージョンアップを果たしましたな。

愛知のシーンはホントに奇才を輩出します。

こういうバンドが評価されると音楽シーンもより楽しいものになるのですが
まあ、今のメジャーシーンに期待するだけ野暮ってもんでしょう。

そんなトラパが2ndミニアルバムを来月リリース

トレーラーを聴くに、期待を外してない感じで
間違いなく買い。

自称クールな今の音楽シーンにクールな刺激を感じないアナタ
トラパの正真正銘クールなサウンドはオススメですぞ。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック