本質からは逃げられない

本質から目を逸らして真正面から向き合あわず
その場しのぎ的な楽観と自画自賛の嵐で気が付いたら手遅れ感バリバリ

そんな歴史を繰り返すこの国ですが

またしても予想通りの現実

もはやアベノミクスが成功かどうか
もはやどうこう言うよりも日々その事実を記してて個人的には把握してますし
こういう実態を示す結果を見たほうが早いわけで

4~6月期の実質GDP、年率1.6%減
 消費と輸出が低迷


こんな感じであります。

例によって見たくない現実は直視せず
その場しのぎ的な楽観で市場は乗り切る算段ですが
どんなに小手先の株価で凌ごうとも
こういう本質から逃げられるわけもなく
あの日本が破産した戦争中ですら株価は上昇していたのです。

如何に意味のないコトへ社会保障である年金も含めた全勢力を投入してるか?
実に刹那的でありますが、そんな美しくもない破滅の美学へ付き合うのは
あの戦争の特攻隊同様にゴメン

ちゃんと本質と向き合い
何が多くの人々にとって幸福を最大化できるか?

それを考えると答えは出てくるのですが
この国は一部の人間の利益と自尊心のために
小手先の誤魔化しと破滅の美学を邁進中

しかし、ツケはいずれ払わないといけないわけで
何度も言いますが、その本質から逃げることはできないのであります。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック