CD(握手券付きじゃないほう)を(プレイヤーで)聴こう

CDプレーヤーを新調

今までは壊れたCDプレーヤーの代用でブルーレイ・レコーダーを使ってましたが
ようやく当たり前の状態に
th_NCM_0104989898.jpg

パイオニア製の入門機クラスですがナカナカに良い音を奏でます。

ONKYOやDENONやYAMAHAの入門機帯と比較した結果
SN比など最もスペック上の性能も良く
また機能面でも最もコストパフォーマンスが高いと思われるコイツを購入

いや〜僅か実売1万8000円で
コレだけナイスなサウンドのCDプレーヤーが手に入るんですから良い時代。

こういう回転部材のあるオーディオ機器は完全に消耗品
(リッピングでなく頻繁に円盤メディアで聴くなら)
カセットデッキのように現行品で使える機材がない場合はしょうがないですが
入門機帯の新品を壊れたら買い換えるスタイルが
何かと安心で最も効率が良いような気がしますし
まあ、入門機ばかりで構成してる個人的なオーディオスタイルにも合ってて楽しいですね。
th_NCM_011178787.jpg
安いのにSACDやDSDディスクの再生にも対応してて◯

そのサウンドですがコアキシャルのデジタル接続でアンプ内臓のDACで聴くと
レンジ感が広く素直なそのサウンド
愛用中のONKYOアンプとの相性は実に良く
いや〜メチャメチャ気に入りました。

ガチでコストパフォーマンス抜群ですな。コレ

アナログ接続でプレーヤー内臓DACのサウンドもおいおい楽しんでいきたいとこ

そんなこんなで
消耗品の新調で音楽鑑賞の環境が元通りに構築されそう
スピーカーやヘッドホンと前後するかもですが
次は秋頃にレコードプレーヤーを新調する予定です。

th_NCM_012298988.jpg
やれリッピングやらスマホやタブレットで配信やらストリーミングも良いですが
やっぱ音楽は専用の機器にメディアをセットしてじっくり聴くもの

そんな時代だからこそ、
敢えてCD(握手券付きじゃないほう)やレコードやカセットを買って
専用機でガッツリと音楽を楽しみましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック