もう1台も再起動

今日から我がオーディオ機器のレコーダーコーナーに新たな相棒が参加
というか、アベノミクスが猛威をふるう中
新しい機器なんぞめったに買わないハードコアなニート
例によって押し入れから出してきたポンコツなわけですが
th_NCM_002278977897.jpg
ソニー製2ヘッドのオートリバース機で90年代生まれのコイツ

高校時代にバブルラジカセと併用してた愛機で
当時のカセットデッキではまたしても入門機帯のマシン
亡くなる直前の親父が買ってくれたいわば形見の品
だからこそ大事に押し入れで寝てたわけで
80年代はソニーの2ヘッドワンウェイ機を使ってたので
似たような佇まいのソニーを選んだの覚えていますが
とはいえ今の3万9800円とは訳が違う入門機なわけで

ラクチンなクイックリバースの2ヘッド機ですがバイアス調整ができたり
電動のパワーローディングやらスタビライザーやらついてて
録音レベルもガチでボリュームが自動で動き勝手に調整してくれるメカつき
(これは失敗ない代わり無難な低いレベルになるので使わず)
アモルファスヘッドなど今では考えられない豪華機能がてんこ盛りですが

tc-rx77.jpg
ワウ・フラッターも0.09%とオートリバース機にしてはまあまあでして
当時のラクチン用途は全てコレで済ませてましたね。
見た目も以前の80年代ソニーのデッキの延長線上にあってお気に入りでした。

何しろテープを入れて録音ボタンとオートレベルをポチッとやるだけで
3ヘッド機やワンウェイ機のように
機械の前でヘッドホンしながら神妙な顔で録音ボリュームをいじったり
テープをひっくり返す手間も一切なく
音質よりラクチンを優先する用途にはもってこい。

今回、3ヘッド機を再起動したので不動であったコイツも
音は良いですが何かと面倒くさいメインの3ヘッド機を支援させるつもりで
押し入れから引っ張り出したのですが、まあソニータイマーが炸裂するまでもなく不調

ビクターのと違い学生時代から使い実家に置いてた90年代の機材ですから当然といえば当然

電動ドアは空いたのですが、再生ができず
中を見たらベルトが固着してたり色々とアレしてたので
アマゾンで汎用品を発注し交換
th_NCM_00837878979.jpg
一応、各種機能はなんとか復旧したのですが、どーもテープを入れ替えて
新規再生の際に動作がチト不安定になる場面があり
ホント最初だけでその後の録音再生や各種動作には全く問題はないのですが
まあ、完調とはいえずテープ入れ替えの最初だけ誤魔化しながらの使用になりますが
その辺もボチボチ手懐けながら直していきたいところ

まあ、メインではなく用途を限定した支援機なんでコレで十分
ミニコンポの延長程度の性能さえあればヨシ
とはいえ、自分の手持ち機材を自分で直せば部品以外はタダ
th_NCM_0094098890.jpg
今、同じような2ヘッドのクイックリバース機を中古で買おうとすると
7000〜1万5000円はするので
2ヘッドの入門機のくせにナカナカ機能的なコイツは今や貴重な存在
というか、バイアス調整ができるリバース機なんて入門機ではナカナカお目にかかれません。

就職後にビクターの3ヘッド買った後に
このソニー製ラクチン入門機の後継機を買おうとしたら
tc-rx715.jpg
90年代中盤から流行ったセンターメカ(個人的には好きくない)になって
機能もバイアス調整などなくなりがっかりしたのを覚えていて
その反動でソニー製のハイエンドなミニコンポを買ったわけです。

もし中古とかでソニーのラクチン入門機を狙うなら93年あたりまでですかね。

そんなわけで、今後はメインデッキの代わりに再生はもちろん
長時間のエアチェック録音なども担当させる予定で
さっそく今夜のFMクラシック番組からテストさせる予定です。

で、久しぶりに聴いたそのサウンドですが、オートリバースの入門機
さすがに3ヘッドには負けますが
オートリバース機にしては音は良い方で十二分実用に足ります。

というか個人的にはこの辺のほうがカセットの質感が味わえて好みかもです(笑)

3ヘッド機の負担軽減はもとより
各種調整のベンチマークにもなりますし、何よりもオートリバース!
押し入れからリモコンも探してきて本格的にカセットテープという
アナログなメディアを時代に逆行し再活用する体制が整ってきました。

しかし入門機のポンコツばかりタダ同然で再活用してますが
とはいえ今の時代の入門機と違い
コストダウンのために手抜きも実にユーザー視点で上手く
ナカナカに味があって楽しめます。

これぞアベノミクス対応型オーディオライフですな(笑)

でも、音はホントに適度なハイファイで独特の味があって良いですよ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック