やっぱり反省しない前科者

戦後70年

曲がりなりにも平和を維持してきたのも全て自国の意志ではなく
他人のおかげ
正確にはGHQのおかげ

何故か?

あの戦争を引き起こした根本的な原因を
日本人の手で一切自己修正できなかったからです。

だからGHQが農地解放から憲法まで全部尻ぬぐいしたわけでドイツやイタリアと違い
あの戦争後一度たりともあの悲惨な歴史を繰り返さないように
自己反省することなど個人や団体レベルではあったとしても
日本国民全体の総意として戦後は一度もなかったわけです。

そんな自己反省があるなら
今も政治利用の為の神社へ政治家が公式参拝なんかしてません。

まさに安倍政権は保護観察の身分なのに
忙しい監察官へ手を貸すのを口実に反省もせず再犯のために準備してるようなもの

その証拠にあの戦争への反省はまるでなし
反省さえあれば過去の世代の悪事に対して
現在世代の謝罪なんかまるで必要もないのですが

現在進行形で過去の体制を全力、それも政治家として公式に崇拝してるなら別

悪いことをしたと認めるなら
その過去と決別するのは当然

戦時体制構築のために政治利用された神社へ公式参拝なんか即刻やめて
政治利用のための神社も解体し新しい追悼施設を作り過去と完全に決別し
再出発するのが最低限。

それができないなら過去を反省してないと見なされて当然
完全に過去の侵略者と同じ当事者なんですから
悪いことしたら謝るのも当たり前ですし
周辺国が謝罪を要求するのも当然といえば当然。

嫌なら反省し過去と決別すればいいわけで
それでも周辺国が文句言うなら抗議すれば済む話

もっとも最初から反省してれば
ドイツやイタリアのように共同体すら構築できたかもしれませんが・・・。

過去を反省どころか今も戦時体制を崇拝してるんですから
まさにあの侵略戦争における現在進行形の当事者
文句なんか言えないのも当然

まさに自分で災いの種を撒いてるようなもので
ホント同じ元枢軸国のドイツやイタリアのように反省し過去と決別した上で
周辺国が未だに過去を非難するなら反論もできるのですが
国の長である首相からして反省心ゼロな上に過去を崇拝してるんですから最悪。

現在進行形で反省しない前科者による要らぬ災禍には困ったものです。

こんな連中が居る限り悲惨な歴史は繰り返でしょう。
いや、
繰り返さないほうがおかしいのです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック